トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の記事

2006年7月30日 (日)

裏山トレール

0730_1久しぶりに裏山トレールに行ってきた。

どれだけ草ぼうぼうになっているかと心配になったが、それほど伸びてもいなかった。道の両側の木の枝の出方も走るのに影響するほどでもない。木の枝のトンネルをくぐって行くのが面白いところ。

分かりにくい写真だけど、中央に小さく自転車が写っているの、見えるでしょうか?(写真をクリックして拡大して見てね)

数週間前に道を流れていた水もだいぶ引いていた。しかし相変わらず道は滑り易く、後ろのタイヤが上りではずるずるする。一度こけた。まだまだ難しい。
なっかなかうまくならないな〜、、、。(画)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

夏草や3

Photo

結局どんづまりは依然として土の壁。
この前来た時はここにパワーシャベルが一台取り残されたように停めてあった。

少し変だと思うのは、この壁の土がここにあったものではなく、どこからか持って来られたような赤土だということなんだが、、、。こんなのが普通の工法なのかな? (画)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏草や2

Photo_13切り通しの高さはなかなかのものだ。
自転車を置いてみたものの少し怖い。
しかしこのところの長雨にも崩れた様子はないようだ。(画)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏草や1

Photo_4

家から10分くらいの場所に建設中の林道がある。
どこへ抜けるのか知らないが、ずいぶん前に工事は中断しているらしい。いつ行っても様子が変わっていない。

こんな風にガードレールにもコンクリート製の立派なものが付けられている。
眺めも割と良いではないか。広い道の両側には夏草がいっぱい生い茂っていた。(画)

Photo_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

峠行

07_1久しぶりに晴れたので、前から走ってみたかった大窪峠、三社峠から高山不動への上り道などを調査しに行く。

大窪峠へは、入り口から急な登りなのはともかく、細い道はがらがらしていてけっこう登るのが難しかった。斜面の片側が伐採されていて、眺めは良好。下にあじさい館がよく見えた。
ほどなく大窪峠に出た。人の手で切り通しをつけたという感じでなかなか良い。
下りは写真のような竹林の中を行く。これは面白い道だ。しかしすぐに車道に合流。ここまではまあ順調というところか。

長沢の川を遡行して三社峠への上り口を自転車を担いで登る。しかしここからがひどかった。
草が伸び放題で、道が見えない、トゲのある草、川の中の道、やっと林の中の道に入ったら今度はクモの巣、ずるずる滑る道、激坂、倒木、、、。
要するに大失敗の山サイ。季節が最悪でした。
出直しです。(画)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

自転車と血圧の関係

Ketsats
ジテツーを始めた理由のひとつに、血圧を下げたいというのがあったのだけど、久しぶりに血圧計を出して計ったら・・・・何と、普通の人並みの数値まで落ち着いていた! 昨日も今日も、連続3日間130前後をマーク、下も80台で、うれしかったよぉ。半年でこの効果なのだから、この調子で行けば体質改善もできそうだ。

でもちょっと右膝が痛い。頑張り過ぎ?
それで画伯から膝痛の為のストレッチの指導を受けた。膝自体ではなく、その周辺(腿や腰のあたりの筋)を伸ばすのが良いのだそうだ。それから膝を指圧してもらったら、ずいぶん楽になった。
右利きで、右脚ばかりに頼り過ぎているということもあるみたいだ。
もっと左脚のペダリングを心がけるべし!(K)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

UVカットって?

UVカット率のことだけど、今のレンズはほぼ100%紫外線カットだそうだよ。
「40パーセントカット」はないと思う。聞き間違いじゃない?
可視光線透過率、、、?

サングラス欲しい、とKyoちゃんに言うと、
「お金無し。だいたいあなたはサングラスがいるような場所でなく、暗い森の中を走っていれば良いでしょ!」と言われてしまった。
暗い森の中でも透明なグラスが、、、、。
(画)

| | コメント (0)

2006年7月23日 (日)

沢ガニ

0723kani「絵を描かなくても良いから自転車には乗った方が良いよ」とKyoちゃんの大胆なアドバイス。
それで今日も遅くなったが出かけることにした。

森で練習をした後、近くの国道に出た。雨がぽつぽつ降ってきていた。雨粒が肩口に当たるとTシャツの袖に黒い斑点がたくさん浮かび上がる。それを見ていると、何だか自分が逞しくなったようで頼もしく思えてきた。
こんな感じ、みんなにも分かるだろうか?

帰ると門のところで愛犬といっしょに待っていたのは、沢ガニの子ども(?)。
と言っても、もう立派なハサミを左手に持っている。
(画)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

森のなか

Moliまた雨だ〜。
いつも練習している山道の一部。今日は出るのが遅くなってしまった。暗いなかでも練習。練習中は気づかなかったが、小雨が降っていて森を出るとしっぽり濡れてしまう。
暑くないからまだ楽とも言える、か。(画)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UVカット

Megane_2ほんとはスポーツ用のサングラスが欲しいんだけど、度付きレンズを入れるとなると高くなってしまうし、、、
結局、車の運転をする時に使っている眼鏡のレンズを、紫外線カットのレンズに入れ替えることにした。

めがねショップのお姉さんをつかまえて、
「あのお、これをAVカットのレンズに変えたいんですが、できますか?」と言うと、
「UVカットですね、はいできますよ」と、さらりと訂正されて、ちょっと恥ずかしかったよ。
一番安いプラスチックレンズのを注文、5千円ので40パーセント紫外線をカットできるのだそうだ。

その帰りにドラッグストアに寄って、日焼け止めクリームを探した。
夏の化粧品売り場を画伯といっしょにウロウロキョロキョロ、
今はリップクリームにもUVカットのがあるのねえ〜
これまた安いのを買いそろえて満足して家路に着いたが、、、、その後ほとんど太陽にお目にかかっていない(K)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

雨具

今日もヒンヤリとした雨が、朝からずっと降り続いております。
おかげで夏バテもせず、毎日快調にジテツー。
霧雨くらいなら雨具は着ないでも平気だし、どしゃぶりでない普通の雨なら上だけしか着ません。
気温が20度以上なら、レーパンだけですっ飛ばす方が快適なのです。

昨日は茶色に濁っていた川の水が、今日はだいぶ澄んだ青緑色になっていました。
山里を流れる川は、雨の降り具合ですぐに色が変わるし、水嵩もアッと言う間に上がったりするのですよ。
中州に取り残されるという話が、たしか10年ほど前にあったっけねえ。(K)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

ビョーキ

雨が夕方上がったので、いつもの裏山に行く。林道にはこのところの降り続く雨のおかげで、小さな川が何本もできていた。そんな道をゆっくり上って行くと、道の上からは反対にどんどん水が流れて来て、まるで川の流れを遡行しているような錯覚を覚えた。坂を上ることがいつの間にか面白くなっている。

坂を降りる(ダウンヒル)快感は、坂を上って(ヒルクライム)こそだと言う人がいる。快感は苦しい努力に与えられるごほうびだというのだ。賛成だね。確かに峠に達した後の下りの快適さは、ヒルクライムをやったことのない人には分からないだろう。
でもそれが高じると、上ること自体が快感になるのだそうだ。そうなると病気の域(ビョーキ)だそうだ。おいらには少しそれが分かるから、ちょこっとビョーキかも?。(画)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

雨のジテツー2

Ame01
このようにシューズはレジ袋で雨から守る。底はもちろんクリートが使えるように開けてあるのです。これけっこう良いアイデアでしょ。
(K)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

雨のジテツー

Ame02_1ブログ開設しょっぱつが雨の記録、というのも冴えないが、これも確かに記録なり。

Vサイン。この手にはビニールの手袋、それもプリンタインクの詰め替えセットなどに付いて来る使い捨て手袋。

足には高価なSPDシューズを濡れから守る為に、これもスーパーのレジ袋を利用しているのだ。
おいおい細かく説明して行こう。(←いらんいらん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年8月 »