« 自転車の翼 | トップページ | 自転車練習の合間に »

2006年8月 2日 (水)

セミの羽化

01いつも家に帰り着くと、まず犬のトワンが出迎えてくれる。でも今夜はもう1匹、生まれたばかりのセミが待っていてくれた。

家の外壁に小さな黒い影・・・・・蛾とか、毛虫とか、嫌いなものばかりを想像しながら、自転車のハンドルバーからライトを外して、そっと照らしてみた。

そしたら、羽化したばかりのセミが!

うすい若草色をしていて、まだ殻から出て来たばかり、逆さにぶら下がっている。
すぐに画伯もやって来てみんなで深夜の撮影会だ。
Kyoちゃんが照明係、画伯はカメラマン。

煌々と2方向からライトアップされたセミは(自転車用のライトを使用)、見えているのか見えていないのか分からない真っ黒なビーズ玉のような目を開けて、微動だにしない。
きっと血が全身に行き渡り、命がみなぎるのを待っているのだろう。

この写真を撮影してから、一旦家に入って夕食の準備。30分後にまた見たら、もうすっかりセミらしい体形になっていた。


サイトで調べたらどうやらこのセミ、ヒグラシのようでした。

これから10日ほどの命を、ここの森で燃焼させるのですねえ・・・・(K)


02

|

« 自転車の翼 | トップページ | 自転車練習の合間に »

どうぶついるいる」カテゴリの記事

ジテツー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184138/11231280

この記事へのトラックバック一覧です: セミの羽化:

« 自転車の翼 | トップページ | 自転車練習の合間に »