« Kyoちゃん専用道路 | トップページ | 峠越え(北川正丸線) »

2006年8月 5日 (土)

裏山トレール2

Photo_27いつも走っている裏山練習コースの一部。「修験の滝」(←)
鎌倉時代にある修験車者がこの横にある洞窟で修行をしたそうだ。壁に毘沙門天像が線描で彫られている。
滝は、雨がいっぱい降るとそれなりに水量が増して恰好がつく。今日はほとんど水が落ちていない。
コースはここからジグザクに道を上がる。急ごしらえの砂利まじりの道は自転車では難しい。


Photo_24そしてここに出る。「岩殿観音窟石龕(いわどのかんのんくつせきがん)」⇒
石灰岩の鍾乳洞で、中に観音像が安置されている。この鍾乳洞、地元のひとの話、
「朝入って行っていなくなった鶏が、その日の夕方秩父の村で見つかったそうだイね」!?秩父まで40キロはある。いくら何でも、、、。
しかしそうとう長いのは長いらしい。今では近くの採石工事で岩盤が落ちて先が細くなりどうなっているか不明とのこと。
観音堂自体は最近県から予算が下りたとかで、大幅に改修された。銅屋根を葺き替え、建物を塗り直し(極彩色が本来の色とのこと)、塔婆の柱を立て、前の広場に砂利を敷いた。
ぼくとしては前の朽ちかかったような方が味があって良かったが、人が何かを守って行くということを形で見せるのも必要だろうか。

幟が立ったのも最近のこと。改修が終わった時には記念行事があって大勢人が集まったが、それから数日でまた誰も来ない場所になってしまった。信仰のない時代。直したことは直したが、いずれまた時の経過とともに朽ちて行くのだろうな。でもそれで良いんだよ。(画)

|

« Kyoちゃん専用道路 | トップページ | 峠越え(北川正丸線) »

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裏山トレール2:

« Kyoちゃん専用道路 | トップページ | 峠越え(北川正丸線) »