« カタクリ山林道その2 | トップページ | 新しいMTBシューズ »

2006年8月25日 (金)

クマ出没注意!

R299を離れて東吾野駅から西武秩父線の線路を渡り、南側の山に向かう。
高麗川沿いの吾野(あがの)側から南に向かって名栗(なぐり)に抜ける峠のうちの一つ、「東峠(あづまとうげ)」に向かった。そこに「天覚山(てんかくさん)」への登り口があるはずだ。その辺の道の調査も兼ねている。

Photo_20←写真の分岐点から右の道が尾根伝い、左の道が沢伝いということになっている。左を行く。

50⇒杉の幼木に両側を挟まれるようにほぼ真っすぐな道が続いている。最初は走り易いが次第に傾斜がきつくなる。
東峠へは途中から合流する舗装された車道を行く。

59←東峠には味な標識が立っていた。

58⇒ところがその標識の傍に気になる注意書きが、、、!!!あれま!!!

8月14日ということは、つい最近のことではないか!?ちょっとビビった。これ以上の道の探査は禁物か、と。
そして何となく周囲を見ると、いつクマの黒い体が出て来てもおかしくないようなところだらけじゃないか、、、。

実は先日の「カタクリ山林道」でも、脇の茂みから突然出て来たイノシシに前を走られたばかり。あれは子どもイノシシ(まだウリボウの縞模様がうっすらと体に残っていた)だったから良かったけれど、クマとなると冗談ではすまされない。

まあ天覚山への登り道は思った通り歴然とした登山道だということが分かったことだし、、、帰ることにした。

帰りの山道ではいつものように下り道を楽しむというよりも、「わー!」とか、「えーい。えーい。人間だよぉ」とか声を上げながら、脇目もふらずに先を急ぐ画伯がいたということだ。(画)

|

« カタクリ山林道その2 | トップページ | 新しいMTBシューズ »

おすすめできないMTBツーリング0」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クマ出没注意!:

« カタクリ山林道その2 | トップページ | 新しいMTBシューズ »