« 秘密のルート | トップページ | 新しいグリップ »

2006年9月18日 (月)

峠の空は茜色

顔振峠(こうぶりとうげ)に上がってみた。
R299から長沢(ながさわ)に入り、峠への道へ右折。すぐに急坂になり、人家がなくなるとさらに傾斜がきつくなる。真っすぐの舗装路で急坂というのが一番辛い。精神的に応える。焦らずゆっくり上って行く。

左にきつくカーブするところで舗装路と別れて正面の坂を行くとこれが林道。すぐに右へ登山道を分けるが、無視して真っすぐ上って行く。ほどなく未舗装となり、やがてその道もついには登山道と合流。自転車に乗って行けたのはそこまでで、今度は木の根っこ、露岩、段差などで押しながらの登り、ついには自転車を担ぐ。
またもや「お勧めできない」コースとなりにけり。。。。

途中乗れる所は乗って根っ子の段差をいくつか乗り越えて内心得意になっていたら、突然足元から鳥が飛び立ち驚いてひっくり返りそうになったりした。

Photo_3Photo_6それでも何とか峠に到着。

台風の余波の雲がダイナミックに出ていた。何となく周囲が暗く、霧まで立ち込めて来て心細くなった(こういうのに画伯は弱い)ので早々に帰ることにした。点滅灯をつけ、舗装路をゆっくり降る。道はほとんど濡れていて滑るのが怖い。先日雨の路面で滑って転んだばかりだ。慎重に下ったがそれでも10分かからずに国道まで出た。帰宅したら西の空が茜色に染まって来た。

Photo_28あれれ〜もうちょっと上にいたらこんな空が峠で見えたのに、、、と残念至極の画伯であった。(画)

|

« 秘密のルート | トップページ | 新しいグリップ »

おすすめできないMTBツーリング1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秘密のルート | トップページ | 新しいグリップ »