« 物見山から高指山 | トップページ | 病床?にて »

2006年10月22日 (日)

トレーニングコース

04昨日のST(シングルトレール)が調子良かったので小床峠(こゆかとうげ)に行ってみた。

前回ほとんど押して登った所を乗車して行くことができた。タイヤが新しくなっただけでこんなにも違うものかと不思議なほどだ。よっぽどタイヤの山が削れてしまっていたか、急にテクニックが上がったかどっちかだ。両方ということにしておこっ。
写真のようなスイッチバックもほとんど登っていけたから自分のレベルではすごい。ただ、一山越えるごとに息も絶え絶えになってしまう。緊張して無駄な力を入れてしまっているかららしい、(←ライディングティーチャからのアドバイス)リラックス、りラックス。

07_3小床峠。静かな佇まい。

前回はここから子の権現(ねのごんげん)方面(写真では右行)に向かい、急登に次ぐ急登にアゴを出して途中でエスケープしてしまった。
去年の今頃にもここまで来ていて、その時は吉田山方面(写真では左行)に行き、長い山道にバテバテで苦い思いを味わった。右も左もどちらもかなりの難コースと言えるだろう。
そこで今日は素直に峠の反対側、青場戸(あおばと)方面(写真奥)に降り始めるが、倒木が次々と道を塞ぎ、けっきょく廃道になっていた。要するにここから青場戸に下ることは自転車では無理と分かった。

引き返し、峠に再び出て登って来た道を下る。細い所も数カ所あるので緊張。峠入り口に出てみると、STで遊んでいた時間は45分くらいだった。良いトレーニングコースだ。(画)

|

« 物見山から高指山 | トップページ | 病床?にて »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 物見山から高指山 | トップページ | 病床?にて »