« 病床?にて | トップページ | と・・トレーニング »

2006年10月25日 (水)

自転車で歌う曲

いつも帰りが遅くなる。暗い道を走っていると、自然と歌っている。

ジテツーを始めた頃はまだ冬の寒い北風が吹いていた。
口づさんでいたのはシャンソンでタイトルは忘れたが、
「トゥレドゥー トゥレドゥー」と、風の擬音?のところばかりを大きな声で歌いながら走った。

この頃はもっぱら木枯らし紋次郎のテーマ曲、
「ど〜こかで〜 だ〜れかが〜 おれを待っていてくれる〜」と叫びながら走っていた。
まあ4、5回も歌えば画伯が待っている家に着くという段取り。

ところが今夜は突然曲目が変わった。自覚なしに突然歌い出したのは、
「い〜ま〜春が来て〜きみは〜きれいに〜〜なった〜去年より〜ずっと〜きれいに〜なった〜」
誰も見ていないのでまじめに歌う。ちゃんとした発声で歌った方が楽しい。

「今夜からなごり雪に変わったよ」と画伯に報告すると、
「良いんじゃない」と、冷やかしもせずに言う。
画伯はイルカさんの「声」のファンなのだ。彼女の声は天使のようだと絶賛している。

ずっと昔イルカさんとは総理大臣官邸の園遊会で会ったことがある。(公募展で賞を取ったから招待されたのだ)彼女は庭園に幾つも並んだテーブルの中の、わざわざ誰もいないテーブルを選んでひとりポツンと立っていたっけ。
胸の名札には「イルカ」と書いてあった。その頃あまり彼女の歌を知らなかったし、声をかけるにもちょっと気が引けた。私も名札を付けていたが、こっちは無名。でも今思えば、思いきって話しかけてみれば良かった。画伯も、
「あの日のアルバイトなんかキャンセルして、いっしょに行けば良かった」と、まだ残念がっている。もう20年前のことだ。

「去年より〜ずっと〜きれいに〜なった〜♪」きれいになった、というところを強調!(K)

|

« 病床?にて | トップページ | と・・トレーニング »

ジテツー」カテゴリの記事

コメント

私もイルカさんのファンです、上条恒彦もいいですね、海外の方ではカーペンターズのカレンさんの歌声が好きです
私の場合、自転車に乗っているときに出てくる歌はなぜか
ドラえもんのテーマソングです。

投稿: 亀 | 2006年10月26日 (木) 17:22

カレンさんですか、なつかしい。
やはり天使の歌声と言われていましたが、ほんとにきれいな声でしたよね。
一枚だけLPレコード持ってますが、ずっと聴いてないです。

ドラえもん、いいですね!

投稿: Kyoちゃん | 2006年10月26日 (木) 23:57

なごり雪、歌詞がまた良いんだよね。
今までは仲の良い友達としてしか意識していなかった人が、今一人の女性として見えて来たことへの戸惑い、思いがけない恋心の芽生え、しかしその気持ちを成就するにはもう遅れてしまっていると感じている(たぶん住み慣れた東京を離れて彼女が故郷に帰る理由は結婚)、この気持ちを持て余し、汽車が出て行くのを心待ちにしているのに、一方では別れの空虚さを痛いほど感じている、、、。名残り雪。降ってはすぐに溶けてしまう、留まることなくしかし止みこともなく降り続く、、、
日常の坦々としたドラマ、反対に盛り上がる曲調、、、いいね、いいね(画)

投稿: 画ハク | 2006年10月27日 (金) 04:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 病床?にて | トップページ | と・・トレーニング »