« 通行>中<意 | トップページ | 裏山トレール4 »

2006年10月10日 (火)

続・通行>中<意

右の立てカンにある「木材搬出中」の「搬」という字の上に黒く塗りつぶされた四角がある。ここに注目。おそらくこっちの方を先に書いたのだ。

みんなに取り囲まれながら若者が手にしたマジックで用意したベニヤ板に向かう。
まずは「木材」まではスムーズに書けた。次に「搬」にとりかかったが、どうも違う、みんなもそいつは違うよと、、、、え?どうだっけ?あ、そうか、この間違ったのどうしよう、、、いいよ黒く塗りつぶせば、、、。正しい字を書いた。やっこさんここでほっとしたのだろう。「搬出中」、、、一同これで安心した。それが間違いのもとだったのだ。
次の看板に向かった。これはおてのもの、「搬」のような複雑な字はない、そう思った。だから気楽に向かい過ぎた。みんなもまわりから離れてそれぞれの道具の片付けに向かった。気楽さは注意力の欠如となった。搬出「中」を書いた体感が残ったままに若者は堂々と大書した。
通行「中」意。

この若者を決して侮蔑しているつもりはない。やっぱりバカはおもしろい。回りを元気に明るくさせる。
自分もみんなに「バカだなあ」と思われるような人になりたい、と思う画伯であった。(画)

|

« 通行>中<意 | トップページ | 裏山トレール4 »

コメント

自分の粗忽さと、バカさ加減に、いい加減落ち込む日々が続いていたので、ちょっと元気になりました、有難うございます。

投稿: 亀 | 2006年10月10日 (火) 17:30

バカになる、というのは一番下に付く、ということだと思うんです。

以前、秩父のホルモン焼きに入ったら、壁にジッサマの格言が貼ってありました。そのなかに「ばかにされていろ」とありました。昔からこれはある種通り相場なんですね。それだけ難しいことなのかもしれません。

失敗すればするほど自分が一番下になって行く(他人からバカにされる)のでそれは喜ばしいこと、、、(落ち込むのは確認作業?)画伯なんかいつも失敗してはKyoちゃんにバカにされていますから、、、トホホ、、、。

世の中の大きな間違いは、バカがよく上にいることです(キッパリ!)。

投稿: Gahak | 2006年10月10日 (火) 18:05

馬鹿と煙は昇りたがるでしたか、そっか馬鹿の癖して上にいようとするから、ぐったりしてしまうんだ、沈まないようにすると、じたばたしてかえっておぼれる、ただ浮いていることだけ心がけていれば、おぼれない

ばかにされていろ   心が軽くなりました

投稿: 亀 | 2006年10月10日 (火) 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 通行>中<意 | トップページ | 裏山トレール4 »