« 飛村周辺トレールその1 | トップページ | ロードウォッチング »

2006年10月30日 (月)

方向違いに人違い

いつも別れ際に、「今日はどこ行くの?」と聞く。もしガハクの身に何かあっても探しようがないからだ。
「久しぶりに飛村の方に行ってみるよ」と言うことで、だいたいの方角を教えてもらって地名をしっかり頭に入れておくことにする。
ガハクはいつも携帯電話を持って行かない。この辺りは電波が届かない所も多いし、それにうちのはPHSで圏外になってしまって使えないからだ。

ガハクを見送ってから、犬小屋の冬支度を始めた。
3メートル移動してテラスのど真ん中に置いて、中に毛布を敷いてやった。
それからトワンを中に押し込んで、居心地の良さを認識させる。
まずまずの反応、寒い時には自分で入るだろう。

ガハクに遅れること2時間、辺りが薄暗くなってから家を出た。今頃どこを走っているのだろう?と思いながら漕いでいると、秩父の方からやって来る自転車が見えたので、もしや?と思ってじっと見る。どんどん近づいて来るヘルメットが似てる!きっとそうだ。Tシャツの下に長袖が覗いている所もそっくりではないか、、、すれ違いざまに、「オ〜〜〜ッ!」と、叫んで大きく手を上げた。向こうも愛想良く手を高く上げてくれた。が、横を走り過ぎる時しっかり見たら、ハンドルがドロップでローディーだった。ガハクはMTB。ちょっと恥ずかしかった。

夜、家に帰るなりそのことを話すと、
「ボクだったらそのまま走り去るはずないじゃない。すぐにUターンして後ろにくっ付いて走るよ」だと。
それに飛村は、ぜんぜん違う方向なんだってさ。(K)

|

« 飛村周辺トレールその1 | トップページ | ロードウォッチング »

コメント

そのローディー、驚いただろうね。
ずいぶん明るい人だなあ、あんなに大きく合図してくれて、と嬉しかったかも知れないよ。

投稿: ガハク | 2006年10月30日 (月) 02:46

ママチャリでは経験無いのですが,このごろすれ違うローディーの方から挨拶されます,若者に混ぜてもらった様で結構気分がいいものです,ただ団体さんのローディーだとちょっとくたびれます。

投稿: 亀 | 2006年10月31日 (火) 17:50

わたしは人の少ない所ばかりを走っているせいか、あまりサイクリストとは会いません。それでもたまに国道などでは会うこともあります。
ロードに乗った人をローディーと呼ぶならば、MTB乗りのことをMTBerと呼ぶらしいです。読み方は?ご存知ですか?
エムティーバー?マウンテンバイカー?でしょうか?

投稿: ガハク | 2006年11月 1日 (水) 00:28

MTBer???、読めません、

恥ずかしながら、ローディー、ルック車
こちらで覚えました、MTBer、、アメリカのチョコレートみたいですね

投稿: 亀 | 2006年11月 1日 (水) 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛村周辺トレールその1 | トップページ | ロードウォッチング »