« 飯盛峠で鹿を見た。 | トップページ | 通行>中<意 »

2006年10月 9日 (月)

走りながら月光浴

X08_1門の所まで出て来た画伯が、
「月を背中に浴びて走れば、また元気になるさ!」と送り出してくれた。
今日はすっかり遅くなってしまった。
サドルに股がるとホッとする。と言うのが、今日の昼間はずっと運動会の来賓席のパイプ椅子に座っていたので、ちょっと運動不足だったのだ。月を後ろにペダルをぐんぐん漕いだ。くねくね曲がって流れる川沿いの道を走っていると、月が斜め後ろに現れたりもする。横目でチラッと眺めた。

途中のコンビニに寄った。なんだか急に「ミントのど飴」を舐めたくなったのだ。
バイクを入り口のすぐそばに停めた。ワイヤーロックを持って来なかったから、買い物しながらでも見える位置を探していると、ちょうど中から出て来た店の奥さん、
「今から仕事?クマが出たりしない?」と、驚いていた。呆れていたのかもしれない。

7時半から10時まで石を彫って、帰りは月を正面に、しかしさっきよりずっと上の方に見上げながら走った。
道が明るく照らされていた。(K)

|

« 飯盛峠で鹿を見た。 | トップページ | 通行>中<意 »

ジテツー」カテゴリの記事

コメント

(月を背中に浴びて走れば、また元気になるさ!)

せき大丈夫ですか、内の家内は直っちゃったみたいです

投稿: 亀 | 2006年10月 9日 (月) 11:41

 私も咳はすっかり出なくなりました。
でもこの日は妙にノドがカラカラになりました。
街は空気が乾燥してるのかもしれません。

投稿: Kyoちゃん | 2006年10月 9日 (月) 11:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飯盛峠で鹿を見た。 | トップページ | 通行>中<意 »