« イノシシはパンのみに生きる | トップページ | ??とり物語秘話 »

2007年1月16日 (火)

「裏山トレール風物詩」

Cimg0312_1実はこれからサーバーのメンテなんだそうです。午後3時から24時間、ファイルのアップができません。一体何なんだか、、、この前もあったんですよ、そん時は3日間だったのに、どうやら失敗して途中であきらめたらしいんです。

ま、仕方ないか。

そこで「裏山トレール風物詩」(←とつぜん命名)から、「山上湖の氷」をお届けして、しばらくお休みです。

また24時間後にお会いしましょう。それまでみなさん、お元気で(←おおげさ)(画)

|

« イノシシはパンのみに生きる | トップページ | ??とり物語秘話 »

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

寒そうですね、自転車は乗り出すとき寒くてばっちり着込んでしまうと、途中から汗びちょになってしまいますね、自転車用のウェアーなら違うんでしょうが、予算の関係でフリースの上にジャンパーで走ってます。

投稿: 亀 | 2007年1月17日 (水) 16:40

ぼくも薄いジャンパーの下は、適当に、フリースみたいなものを着ています。できれば薄くて体にぴったりしたものが良いようです。その下はナイロン製のシャツのときもありますが、何も着ていないこともあります。いつもバックパックを背負っているので、薄いジャンパーをもう一枚入れています。風を通さないものの方が、セーターなんかより軽くて良いみたいです。寒いときはこれをさらに着ます。

ただ最近峠には行っていないので、そんな状況ではどれだけ通用するか?たぶんこれでは不十分でしょう。着ているものの前がジッパーなどで開くように全部なっていれば良いですよね。袖口から風が入らないようにすると安心感があるので、ゴムバンドを肘にはめたりもします。他に腕カバー(アームウォーマー?)をザックに入れています。
これは専門のものでなく、ハイソックスの足をちょん切ったもので、こんどブログで紹介しましょうかね。
ただあんまり自慢できるものでもないので。

投稿: ガハク | 2007年1月17日 (水) 18:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イノシシはパンのみに生きる | トップページ | ??とり物語秘話 »