« 壊れた携帯ポンプ | トップページ | イノシシはパンのみに生きる »

2007年1月14日 (日)

初ライド

Cimg0471年が明けてから初めてです。

思えば2週間ぶり。MTBに乗りだしてからこんなに長い期間乗らなかったのも初めてです。
乗れないほど忙しかったのかというと、ノー。乗ろうと思えばいくらでも乗る時間はあったのです。
まあ寒い、というのはあったかなあ、でもそんなものは乗り始めれば何でもない、むしろ暑いよりもこのくらいの寒さの方が快適とも言えますから。
他にやっていることの経過が気になっていたということは確かにあったけど、いくらやるべきことが他にあったとしても、以前なら必ず乗っていたでしょう。いやむしろそんな時ほど乗らないではいられなかったはず。

それがどうして乗らないでいたのか?自分でもよく分からない。でもとにかく、乗らないでも平気だったことは確かです。そして乗らないでいるのが毎日になると、いつ乗ったら良いのか分からなくなってくるんです。

でも今日は他のことはあまり考えず乗ってみました。久しぶりなのでいつものように裏山ライドです。

でもいざ行き慣れた山道に乗り出してみると、けっこう乗れます。むしろ前よりバランスが良くなっている。坂道発進でのビンディングペダルの装着もうまくなっているし、道が乾いてきたためか、足をつかずにいくつかの難所もパス。一番難しい石ざらざらの激坂も踏破までもう少しのところまで上がれた。格段の進歩じゃないか、あれー?どうしたんだろう、と嬉しい驚き。

しかし、相変わらず息が上がってしまうのには変わりがない。むしろ乗れれば乗れるほど休めないのですね。一度などバイクに寄りかかるどころか、しゃがんで苦しい息が治まるのを待たなきゃならなかった。

枯れ草が堆積した山道。イノシシが掘った穴。葉の落ちた骨だけの木。遠くに見える里山。空の色。
ここはやっぱりぼくの大好きな場所だった。(画)

|

« 壊れた携帯ポンプ | トップページ | イノシシはパンのみに生きる »

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壊れた携帯ポンプ | トップページ | イノシシはパンのみに生きる »