« しばしの別れじゃ | トップページ | 花粉症と自転車 »

2007年2月20日 (火)

あやしい音の正体

Cimg1570やっぱり木の伐採でした(とこれを見れば思います)。だったら急にシーンとしなくても良いのに、、、。妙な想像をかきたてられてしまったじゃないですか〜。
ちょうど休み時間になったのかも知れませんね。ひとりでの孤独な作業だったのでしょうから声のひとつでもかけてあげれば喜ばれたかなあ?

林業が成り立たなくなってからは山が荒れている、とは地元の人がよく言うセリフです。もともと自生していた広葉樹などを全部切ってそこに杉や檜の苗木を植えるわけです。この地方での植林の目的は電信柱用の真っすぐで細い木の生産だったそうで、そのためにわざと苗木と苗木の間隔をせばめて植え、太くならないようにしたということです。

でも間隔を狭めて植えられた杉や檜は根っ子が浅くしか育たない結果、根の浅い木が山の表面を覆うということになってしまったのではないでしょうか。おかげで地滑りの怖れも出てくるし、木じたいも雪や雨、強い風などが来ると簡単に倒れてしまう。ほったらかしの森はすぐに倒木の巣のようになってしまいます。MTBであちこち行くとそれがよく分かります。

反対に手入れの行き届いた森は清々しくてとても気持ちが良いものです。ずーんと伸びた太い檜が何本も立ち並んでいる姿は立派なもので、昔の人が自生の広葉樹林などを「雑木林」と言って植林の木と区別していたのも頷ける美しさを持っています。(画)

|

« しばしの別れじゃ | トップページ | 花粉症と自転車 »

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

おっかない話しではなくてホッとしました。
でも実は私、杉の花粉症なんです、あんまり杉を植えられると辛いです。

投稿: 亀 | 2007年2月20日 (火) 14:35

ニュースでは今年は花粉が多いとか。
うちのガハクも花粉に弱いので、あんまりおどかされると裏の山にも行けなくなります。
杉の若枝の先には、花粉をたっぷりふくんだ木の実が膨らんでいましたよ!

木の伐採現場、わたしも見ましたが、事件ではありませんでした。ほっ。

投稿: Kyoちゃん | 2007年2月20日 (火) 14:43

目が痒いです、鼻が垂れます、くしゃみが止まりません。
画伯様、MTBで山にトレーニングしに行った時、ついでに杉の若枝バキバキにして頂けないでしょうか、ちなみに母ちゃんは杉は全然大丈夫なんですが、檜で花粉症になります(檜もお願いします)。

投稿: 亀 | 2007年2月21日 (水) 13:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しばしの別れじゃ | トップページ | 花粉症と自転車 »