« 早春のR299を走る | トップページ | 侘しいのは峠だけじゃない »

2007年3月20日 (火)

イバラ道にはご用心!

Cimg2501大事なアソスのソックスがー!、、、破れてしまったーあああ、、、。だから言わんこっちゃない。

あれだけ秋から冬の間にこの道をほとんど毎日犬といっしょに歩き、トゲと見れば引っこ抜き、引っこ抜きしてもう犬なんか放ったらかし、時には返り討ちにあい手袋を通して手に刺さる、「こいつめ!やりやがったな」とこうなると、もっと厚い手袋と、のこぎりまで用意して『イバラ絶滅計画』必死にコース整備してきました。

そしてあらかた作戦成功、、、
と思いきや、やっぱり自然の力にはかなわない、春になり敵の目をかいくぐった地下組織の生命力は再び燃え出していたのです。

いつもの裏山トレール道。竹やぶを抜け、えっちらおっちらMTBを漕いでいましたら、ちょっとふらついた拍子に右足が何かに引っかかり、車体が右に傾いた、右足をちょいと付く、のはずが、グシャガシャ、、、と。何か変?と見れば右足のアソスのソックスが、、、2000円もしたソックスが、、、いつも3足1000円の靴下で過ごしているわたくしにとって宝物のようなアソスのソックス、アソックス(しつこい)、、、に穴が空いてしまったあ〜、、、。

Cimg2512しかし傷心のガハクの心に慈愛に満ちた救いの手が差し伸べられたのです。現在このソックスはKyoちゃんにより繕われ、今日も使用されています。めでたしめでたし。

みなさんも山に入られたら、イバラにはくれぐれもご用心を!(画)

|

« 早春のR299を走る | トップページ | 侘しいのは峠だけじゃない »

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

画伯、穴ふさがってよかったですね。
私のソックスは五足千円,おんなじやつを買えば洗濯した時そろえるのが楽なのだそうです。
しかし一足二千円とは(片足で私のお昼ご飯約二回分です)、やっぱずいぶん違うんでしょうねー。

タイトルのところの歌、画伯の作詞でしょうか。
この前見た時は、〔そしていつかはローディー♪〕だったような。
曲も完成済みですか?

投稿: 亀 | 2007年3月20日 (火) 16:39

オカネ通りで口惜しいけど、やっぱ良いですよお!ぼくは靴下にはほとんど絶望していましたが、これはまさに「履いている方が良い」靴下です。(←絶賛)
シューズもそうでしたが、専用品の使いやすさにはほんとに感心することが多いです。

亀さん、あんなとこまで見てくださっているなんて、ものすごく「感謝」です。
「ローディー♪」は1番の歌詞で、ここに出ているのは3番(ラスト)です。
Kyoちゃんと画伯が山に伝わる伝承曲を発掘したと言われています。???

投稿: ガハク | 2007年3月20日 (火) 19:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早春のR299を走る | トップページ | 侘しいのは峠だけじゃない »