« 花粉症とケイデンス | トップページ | ゲキ坂 »

2007年3月 2日 (金)

自転車の楽しさ

Cimg1951林道をしばらく走ると東側が開ける右カーブがあります。今日は天気がよく、遠く新宿まで見えました。この写真で見えますかしら?
「おーい!とーきょー。いまそこへいってやるからなー!」いえいえとんでもない、行けません行けません。
近くに見えるのが東吾野(ひがしあがの)、林道の終点です。

この林道は上り下りの連続で平ら部がまったくありません。登りでのペダリング、下りでのポジショニングに良い練習になります。交通量も0に近いので、ブラインドのカーブや時おり道の両側から出てくる動物に注意さえしていれば、回りを眺めながらのライディングも楽しめます。とは言え何もない風景とも言えるので、これは自転車で走っているからこそ味わえる楽しさなのですが。

歩くよりも速く、時にはオートバイのような速度さえ出て、しかし自分の力で登ったり下ったりして走る、ほんとうに自転車は楽しい乗り物ですよね。このおもしろさをみんなに伝えたいとは、多くの自転車乗りたちが思っていることではないでしょうか。

そう言えばあれ以来カラスのアタックには遭っていないなあ、、、その場所に出るたびに周囲にカラスの姿を求めてまだ見回すわたくしの気持ちには、不安と期待の混合物がちょっと入っています。体に縦の縞模様のあるイノシシの子ども「ウリボウ」に出会ったこともありました。それからこの秋には「クマ出没情報」がやたらに多く、このカーブを曲がったとたんでっかい黒いヤツがいたらどうしよう、とカーブ手前で急に怯えがきたりしたこともありました。今は冬眠中?それとも春のお目覚めか?、、、とにかくクマベルは必需品です。

Cimg1954_1さてクリ園の上部に出ました。ここから細いシングルトラックを降りていきます。以前まであった倒木もかたづけられ、道はドライで気持ちの良い状態でした。木立を抜けそうなところで写真を撮ってみました。イノシシ罠はこの少し先を森のなかに踏み込んだ所にあります。罠へのルートのまわりの木に事故防止のための白い布がたくさんつけられていました。

クリ園にももうちょっと。園内に立ち並ぶクリの木は葉がすっかり落ちて裸んぼう、今は開店休業中でした。(画)

|

« 花粉症とケイデンス | トップページ | ゲキ坂 »

カタクリ山林道」カテゴリの記事

コメント

やったー! 銅メダルおめでとうございます。

投稿: 亀 | 2007年3月 3日 (土) 07:41

そうそう、銅メダル。堂々の銅メダル。おかげさまでの銅メダル。あなたやわたしの銅メダル。みな皆様の銅メダル。

投稿: ガハク | 2007年3月 3日 (土) 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花粉症とケイデンス | トップページ | ゲキ坂 »