« 山サイの裏技 | トップページ | またもや鳥に襲われた! »

2007年3月13日 (火)

切られた巨木

Cimg2270_1途中にあった大きな切り株、杉か檜でしょうか。チェーンソーの跡が生々しい。辺りにはあまり大きな木は見当たらないので、この木は特に大きかったのでしょう。長沢(ながさわ)集落を奥に入って行き、石塔のある志田(しだ)の三叉路を左へ、高山不動(たかやまふどう)へと向かう道の脇にあったものです。

この大きな切り株から想像するにこれは相当大きな木です。このまま天を目指してドーンと立っていたらさぞ見事なものだろうと思います。時々山の中で巨木に出会います。幹の根方からでははるかな高みにある枝は見ることができない、そんな木の太い幹を撫でたり手の平で叩いたりしてみるのが何とも言えず楽しいのです。(画)

*********
それにしてもこのチェーンソーの跡、ズタズタですよね。木の切り方というのを、この地方に来てから学びました。たぶん向こう側から先に刻み目を入れたんです。3分の1ほどね。
それからこっち側を何度もえぐるようにしてカットしていったんです。それで最終的には山側の方に倒すんです。山側にワイヤーロープで引っぱりつつ伐採することで、思った方向に倒すことができます。
でもこれは道路のそばに生えている木なんだから、クレーンで上から吊るしといて切ったのかもしれませんね。

せっかくの木、絶対人の役に立ってもらいたいものです!柱や橋に、つまらない彫刻でもいい。とにかく無駄にせずに何かの用にと思うわけです。(K)

|

« 山サイの裏技 | トップページ | またもや鳥に襲われた! »

山で出会うもの」カテゴリの記事

コメント

杉はあんまり好きではないけれど(特に春先)、年輪を考えるとやっぱりもったいないと思います。
急に冬に戻ったかのような天気で、寒い日が続いていますが、金メダリストの宿命、必殺技を駆使しての取材ツーリング、よろしくお願いします。

投稿: 亀 | 2007年3月13日 (火) 10:01

必殺技「押し」と「担ぎ」ばかりでのツーリング、したことあります。ほとんど乗車できないで自転車を担ぎながら山の尾根道を登っていても愉快、となると自転車が好きなのか、ただ山にいることが好きなのか?ビョーキは早く直さないと。

投稿: ガハク | 2007年3月13日 (火) 11:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山サイの裏技 | トップページ | またもや鳥に襲われた! »