« 「少年老い易く学なり難し」のMTBerかな | トップページ | タイヤ交換、え〜!?もうパンクかよ!? »

2007年5月 9日 (水)

タイヤ交換してみた

1_2今はどこへ行くにも左のタイヤ、リッチーZ-MAX。見るからに実用一点張りという感じ、耐久力は相当あるように見えます。XC(クロスカントリー)レースでの定番と言われていたらしいです。自転車購入時についていたタイヤが、Bontrager Jones XRサイズ2.2と2.5というもの、すっかりすり減ってしまって坂を上がるとズルズル。腕も悪いがタイヤも悪いというのでこれに履き替えました。

そのタイヤに別に不満があった訳ではないけれど、今回もう一本試してみようということで購入したのが右のタイヤ、ミシュランのXCR-dry2。良ければこれKyoちゃんの山用タイヤとして導入してみようと思いまして。

見るからにリッチーの無骨さと比べてオシャレな感じ。手で転がしただけでもリッチーがゴロゴロするのに対してシュワー、、、って感じでスムーズだ(さすがシュワ〜ルベ!)。

Cimg9370Cimg9362_1タイヤ交換もすごく容易。手だけで簡単にはめることができた。非常に軟らかい。ラベルを見るとデュアルコンパウンドと書いてある。何だか分からない、2層構造という意味か?ショップでは「ドライですから雨なんかで履いてるとどんどん減りますよ」と脅かされた。このシリーズでマッド用も出ている。

ところでタイヤロゴをバルブの位置に合わせるのは「オシャレ」だけだと思ってました。わたしが間違っていることに気づいたのは最近です。あれには、ちゃんと「実用」の意味があった、パンクの際チューブにあいた穴の位置からタイヤの傷ついた箇所を特定するためなんだそうですね。知りませんでした。

さてここまで来たら当然実際の走行におけるインプレッションを書かねばならんわけですが、それはまた明日ということで。ごめんね。(画)

|

« 「少年老い易く学なり難し」のMTBerかな | トップページ | タイヤ交換、え〜!?もうパンクかよ!? »

mtb用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「少年老い易く学なり難し」のMTBerかな | トップページ | タイヤ交換、え〜!?もうパンクかよ!? »