« 高尚な思想とゲスな努力 | トップページ | 「少年老い易く学なり難し」のMTBerかな »

2007年5月 6日 (日)

山里の完全なる自転車一家!

Dscf0089車を持たない人、車に頼らない人というのはいるでしょうが、この一家のすごいのは、傾斜がかなりある山道をママチャリで通っている、しかも毎日。家族全員が揃ってお出かけの時なんざ、4台のママチャリがシューッと目の前を滑って行きます。みなさんすばらしい脚力です。

山の駅から漕ぎ出して、だんだん急になってくる舗装路を4キロほど走ると彼らの家があります。私はそこまで散歩をしたことがあるから良く知っているのです。渓流がすぐそばを流れている小さな集落の中のひとつでした。
集落のほとんどの家にはしっかりガレージもあり、車も2台なんていうのが普通なんです。でもその家は経済的な理由もあるのでしょうけど、20年前からずっと自転車でした。若い夫婦で仲良く走って行くのも見ていました。

やがて奥さんの背中におんぶされた赤ちゃんが登場。そのうちその子がお父さんの自転車の後ろに乗せられるようになってしばらくしたら、またお母さんの背中に赤ちゃんが!
夏の日なんかに通り過ぎて行く一家を見ると、「たくましいなあ、、、まぶしいなあ、、、」と思って眺めていました。最初の子が子供用自転車に乗るようになると自転車は3台になって、今は4台です。あの子どもたちは、もう高校生と中学生になりましたから。

途中の自販機でジュースを買って、それを飲みながらまた峠の家へ向かって漕ぎだすのです。子どもたちの前カゴには、街で買って来た大きな箱が乗っていました。ゲームなのか学用品なのか、きれいな包装紙に包まれていました。今日も彼らの話し声がアトリエの前をゆっくり過ぎて行きました。(K)

追記:そうそう、お客さんを駅に2台の自転車で迎えに行って、奥さんを後ろに乗せたご主人と、お客が自分で漕ぐ自転車がまた登って行くんです。どうですすごいでしょう。

|

« 高尚な思想とゲスな努力 | トップページ | 「少年老い易く学なり難し」のMTBerかな »

山で出会うもの」カテゴリの記事

コメント

旦那さんも凄いけど、お客も凄いな。
ママチャリって自転車の原型なのかな?

投稿: 亀 | 2007年5月 7日 (月) 05:32

片方の子が女の子なんですが、駅までのお迎えにも毎日お母さんが自転車でシューッと下って行きます。本人は駅下まで自転車通学なんですけど、やっぱり親としては心配なんでしょうね、こんな田舎でも。お兄ちゃんが後ろに乗っけていることもありますし。

ママチャリは日本だけの現象とか。昔わたしらが子どもの頃、実用車とか運搬車とかごっついのもありましたが、ママチャリはあれとはまた違っているらしいです。ですからママチャリは歴史もないし、すごく新しいものなんですって。

投稿: Kyoちゃん | 2007年5月 7日 (月) 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高尚な思想とゲスな努力 | トップページ | 「少年老い易く学なり難し」のMTBerかな »