« 自転車はバランス運動だった | トップページ | ジテツールートでトラツグミが鳴き出したよ! »

2007年5月24日 (木)

猛練習!!

Cimg9864『韋駄天MTBオフロードライディング(大竹雅一著)』Amazonで注文した本が届きました。1992年初版となっています。
表紙の写真でも分かるとおり、フロントリジッド、センタープルブレーキ。
古い本ですがそれだけにテクニックは基礎中の基礎とも言える(か!?)。

自転車関係の本というと、メンテナンスもの以外にはわたくし、実は1冊も読んだことないんですよ(関係者の方ゴメンです)。

さてこの本の内容(あくまでも知らない人の為に)ですが、MTBのXC(クロスカントリー)レースでトップライダーの著者が、ダートや林道を如何にスピーディーに走るか、そのノウハウを書いたものです。
ということは・・・ノンビリ走行、自己満足テクニックのわたくしガハクには、ちと過激に過ぎるかも。
それに「山サイ」という分野は「そっちに任せて」という具合なんですね。そこ知りたいのに残念。

とは言え、実際の走行をとらえた分解写真と、丁寧な解説、失敗例など、ナルホドなところは勿論多数。
そんな記事を眺めていたら、昔オフロードバイクのコーナリングテクニックなんかを、やっぱりこんなノウハウ本を見ながらイメージ練習したことを思い出しました。(結果ちっともできんかったけど)
 オートバイよりはまだできそうかなあ?

『ロードバイクは路面との摩擦を失ったらそこまでだが、MTBの走りはまさにそこから始まる、、、』
そ、そうなの!?・・・すごい!・・・すご過ぎる世界だ!おれにできっかなあ・・・汗。

Cimg98631
でもだがしかし
身体の中の微妙な何かに火がついた!!
そうだまずはドリフト走行・を!練習じゃ!・じゃー!!

早速MTBを駆って近くの広場へ直行、そしてコーナリング、マシンの倒し込み、リーンアウト、いやその前に
『円を描いて旋回しながらスピードを上げ、タイヤの滑り出しの感覚をつかむ。ドリフト走行の基本感覚を養う』

、とこう書くとすぐにできそう。でもなっかなか滑り出さないんだよなーこれが。ぐるぐるペダルを回してぐるぐる回っているうちに、、、目が回ってしまったー。ま一1度だけは滑ったけども、その時は少し目も滑っていたみたいで、、、。(画)

|

« 自転車はバランス運動だった | トップページ | ジテツールートでトラツグミが鳴き出したよ! »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

コメント

目が回るっていうので、むか〜しガハクといっしょに自動2輪(中型400cc)の免許を取ったときのこと思い出したよ。
教官の指示でわたしだけ八の字走行をやってたのね。
ガハクと他のみんなは教官といっしょに一本橋かなんかやってたっけ。
グルグルひとりでやってたらステーンって転んでしまって、
慌てて教官が駆けつけて来て、
「ああ、まだやってたのお。休み休みやらないとね、でももう良いよ」だって。

投稿: Kyoちゃん | 2007年5月24日 (木) 02:14

やってますね!コソ練。

韋駄天・本 読みました。
懐かしいです。
記事を見て 久しぶりに本棚の韋駄天・本に目をやりましたら 隣にあった本に目が留まってしまいました。
凄く好きな本なんで紹介させてくださいね。
「ウィリアム・ニーリーのMTB」山海社 
この本も 今となっては古典的な内容ですが そのスピリットは 今でも僕のMTBのバイブルです。
過激でおもしろい読み物です。
本の記事書きたくなりました!


投稿: ニコ | 2007年5月24日 (木) 23:35

やっぱりお読みでしたか、ニコさん。何か走りが似ているような気がして、、、
「ウィリアムにー?・・・」本の紹介、是非やってくださいよ。待ってますから。
コソっと練習、ぐるぐる回り今日はなしでした。ヒルクライムやりました。(これもコソ練なのかなあ)

投稿: ガハク | 2007年5月24日 (木) 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車はバランス運動だった | トップページ | ジテツールートでトラツグミが鳴き出したよ! »