« うまい転倒の仕方 | トップページ | ペダリングむっずかし〜 »

2007年6月 9日 (土)

自転車転落の現場検証

Cimg0270ガハクが転落したと聞かされて、早速今朝からトワンと現場にやってきました。
なるほどこの微妙に傾斜しているこの角度は、けっこう滑り易いかもしれません。それに油を滲み込ませた枕木というのも何だか怖い感じですね。

Cimg0290ゴム長で歩いた感じでは大丈夫でしたが、ガハクの履いているSIDIのシューズでは危ないかもしれません。靴底がプラスチックのコチコチの素材だし、前にある2本のスパイクピンは取り替えたものです。元々はもっと尖ったピンが付いていました。

ガハクは転落した後に泥んこのままの姿で、すぐにこの橋の整備に取りかかったらしいです。ほんと好きですねえ。小枝を渡したり、葉っぱを敷いたり、私もそこらに落ちている杉の枯れ枝をいっぱい敷き詰めておきましたが、よくよく用心して慎重にトレーニングしてもらいたいものです。

それでこの写真をじっと見れば分かるのですが、このすぐ先は急な角度の滑り台のようになっているのです。一気に下の沢まで転落ですよ。ゴトゴト音を立てながら、MTBと共にチムニー下りですよね。おおこわっ!(K)

|

« うまい転倒の仕方 | トップページ | ペダリングむっずかし〜 »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

コメント

Kyoさん、ガハクさん、トワン、こんばんわ。

超軽傷、かつすぐに橋を整備したとのこと(笑)で、なによりです。しかし写真からは落差が1.5m以上にあるように見え、かすり傷程度で済んだのが驚きです。頭部は大丈夫でしたか?
柔道の受け身姿勢をとることは、転倒時の衝撃を緩和してくれるかもしれません。

投稿: G | 2007年6月10日 (日) 01:56

まったくガハクったらもうドジっぽいんですから、、、
Gさんにも、ご心配いただきありがとうございます。
遅い晩御飯のときにいつも、
「今日も乗ったの?どうだった?」と聞くと、正直に答えてくれるのはいいのですが、
どこかで倒れていて夜になってもまだ帰ってなかったらどうしようとか考えて、
その日のトレーニングのコース予定を聞いておくことにしています。
心配性なわたしと、なんかいつも「ラッキー!」な生き方をしているガハクとのコンビなので、大丈夫だとは思うのですがね。
どこに行くにも(ちょっと郵便局まででも)ヘルメットやグローブなど完全装備で出かけますので、頭も手も無傷でした。それに今回はどこも打たなかったようです。ほんとに不思議です。

投稿: Kyoちゃん | 2007年6月10日 (日) 08:04

ヘルメット点検しましたが、何も傷ついていませんでした。打たなかったみたいです。
まったくその辺覚えてません。ただバイクが自分の上を一回転していこうとする映像が、、、。

柔道!ですか。
Gさんは、心得があるんですか?わたしの父親が若い頃、坂道で自転車から落車、しかし柔道の受け身で事なきを得たと自慢していましたっけ。
当時市内に2台しかないという希少なスポーツ自転車はその時壊したそうですが。
古いふるーいお話でスミマセン。

投稿: ガハク | 2007年6月11日 (月) 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うまい転倒の仕方 | トップページ | ペダリングむっずかし〜 »