« ゲキ坂ふたたび | トップページ | 雷雨の中を突撃走行! »

2007年7月29日 (日)

ウィリーできた!

Dscf0184ストレートハンドルからライザーバーに付け替えてみました。
連日の『ウィリー挑戦』、できなかったのはステムが長くてグリップの位置が遠すぎたこともあったようです。おかげで後ろ荷重がうまくできません。
ライザーにしたのは短いステムに合う太さのハンドルバーがそれしかなかったからです。

結果は、できた!初ウィリーです。安定していないのでほんとのウィリー走行というのじゃないかも知れないけども。

長い距離ができません。すぐに前輪が落ちてしまいます。うまく上がらない時もあります。
コツとしてつかんだことは、後ろ荷重とペダルの漕ぎが重要ということです。頂いたコメントにもありました。「漕ぎ続けよ」、止まっている状態かブレーキチョンがけでキッカケをつかんだら後ろ荷重、同時にペダルを思いっきり漕ぐ。これですね。フロントアップさせようとして、ハンドルを引っぱり上げることに集中していてはダメ。むしろ後輪で一輪車走行する感じでしょうか。

Dscf0190サドルに触れていないとペダルを漕げないので、最初一番下まで下げていたサドルを少しずつ上げてみながらやりました。このへんどうなんだろう?

でも今日は人生初のウィリー走行に道を開いた記念すべき日でした。(画)ただ・・・

参考資料:>しかし、ここからどうしてジャンプ出来るのか想像も付きません。まっちゃん先生ヒントをお願いします。(亀さんからのコメントより抜粋)


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ←応援クリックお願いします!Banner_04←こっちもよろしく♪

|

« ゲキ坂ふたたび | トップページ | 雷雨の中を突撃走行! »

mtb用品」カテゴリの記事

バニホ」カテゴリの記事

コメント

初ウイリーおめでとうございます。
バニーの前にウイリーと言ったのは、フロントアップが簡単に
出来るようなる必要があったからです。
バニージャンプが出来る人は間違いなくウイリーも得意です。
また一度身に付けば、ハンドルのポジションに関係なくウイリーが出来ます。
ロードレーサーでやる人もいます。
ウイリーが慣れたらジャックナイフの練習をします。
つまり前も後ろも思いのままに上げられなければいけません。

http://junbmx.livedoor.biz/archives/50882441.html
BMXでのバニージャンプの練習方法ですが一緒ですから
参考にしてみて下さい。

投稿: まっちゃん | 2007年7月29日 (日) 17:21

まっちゃん先生有難う御座いました。
自転車でこんなにジャンプできるなんて驚きました。
しかし、ジャックナイフで後輪を浮かすのはイメージできるのですが、前輪が浮かんでいるうちに後輪を浮かす、、、イメージが、、、うむむむむ。

投稿: 亀 | 2007年7月29日 (日) 18:01

師匠、ありがとうございます。初ウィリーはほんと嬉しかったです。
今からまたコソ練して来ます。また後で。

今度はジャックナイフですよー!亀さーん!

投稿: ガハク | 2007年7月29日 (日) 18:08

と、出かけたのは良かったけど、、、
とつぜんの雨で逃げ帰って来ちゃいました。
現在秩父地方大雨ですぅ、、、

投稿: ガハク | 2007年7月29日 (日) 20:36

はーっはっはっ!

でけた!

先ほどらい酒を片手にイメージしておりましたが、ペダルを漕ぐ足、コレは普通下を向いておるわけだすが、これをぐるっと、上向かす、、、でけた!

投稿: 亀 | 2007年7月29日 (日) 21:20

このO−酒飲み!
次はジャックナイフって言ってるでせうが!

投稿: ガハク | 2007年7月30日 (月) 02:12

ウィリーに バーニージャンプ そしてライザーバー ペダル交換!
「ログ ホッピング」なんて口走り始められる日も近いのでしょうか。
段々と過激なMTBerに変貌をとげておられるようですね。
楽しみです。

ニーリー本に沿って進まれますと やがて転倒法がやってきますが
前転背中落ちの技だけは止めましょう。
背中は急所で 重大な事故に繋がる可能性があります。
脊椎を痛めないにしても 息が出来ないほどの衝撃がきます。
僕はボディプロテクター(脊椎パッド)を着て リュック背負ってDHしています。

投稿: ニコ | 2007年7月31日 (火) 12:19

やっぱり何をするにしてもそれなりの準備と心構えが必要ということですね。
MTBに出会ってスポーツのおもしろさを再認識しました。
スポーツに危ないことがなかったらスポーツではないかもしれません。
ゴルフなんかがよく「あれでスポーツなの?」と言われるのもそんなところに理由の一端があるかも。
いっぽう危険なことが危険に思えなくなったらそれこそ危険、
そうだ!危険認知度が高い人の方がそれだけ冒険家としての喜びも大きいことになるぞ。
とすれば、それわたしのこと?危険度低レベル自己満足度高レベル。

投稿: ガハク | 2007年7月31日 (火) 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲキ坂ふたたび | トップページ | 雷雨の中を突撃走行! »