« モモンガが頭をかすめた! | トップページ | とうとう買った!サイクルジャージ »

2007年7月 6日 (金)

スマイルペダリング

Cimg1039今日は二つ発見がありました。

奥の方に自転車が見えますか?
この林道下る時にけっこうスピードが出ます。上部ではコントロールできているバイクが後半になると暴れ出し、視線がシェイクされてしまうのをなかなか防ぐことができませんでした。
以前は出だしからそうだったので、それに比べればまだ上手くなってはいるんですが、それでも後半はかなり無理がありました。

下りでのハンドルバーの握り方。
ぎゅっと握ってはいけない、軽く持つ、手の中でバーが遊ぶくらいの感じ。そう教わりました。しかしいつもそうしているつもりなのに路面が荒れて来るとどうしてもバーがぶれてしまう。

それなら!と、急に閃きました。これもしかしたら左右の腕の引きつけが均等じゃないからでは?特に左手が弱いんじゃ?・・
ブレーキレバーにかけてる中指を除いた後の指全部でグリップを握りました。小指をしっかり締めて。
すると・・ブレがなくなった!やっぱり!って感じでした。
「なーんだ、握ってなかったから不安だったんだオレ」

もうひとつ。
長く続く坂を登っていく。ダンシングでは脚が回らなくなりシートに座ってペダルを回す。それでも苦しい、息がぜーぜー頭がぼーっとなる。
そんな時オレは苦しい顔をしているけどそれは「何で?」
理由なんかないよね。苦しいときは苦しい顔をするのが人間だもの・・・人間というのはいつも自己表現をする生き物で・・
「でも楽しいんだろ?自転車乗ってるんだから。大好きだろ?ジテンシャ」という声がどっからか聞こえて来た。
そうだ、見せる相手もいないのに苦しい顔してることはない、笑え、スマイルじゃ!・・そういえばビデオで見た今中大介氏が半笑いでヒルクライムのデモンストレーションしていたな。いや確かにオレにはそう見えた・・
スマイルスマイル・・・
「あいつ馬鹿じゃないの?苦しいことやって笑ってラ、マゾかよ」って言うヤツもいない。遠慮することはない、スマイル、スマイル、ハーハーゼーゼー・・・(画)


Zokeiniwa3_5←Kと画伯のポータルサイトへGO!

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへBanner_04

|

« モモンガが頭をかすめた! | トップページ | とうとう買った!サイクルジャージ »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

コメント

ガハク、練習相変わらず頑張ってますね~
下りでのグリップの握ですが、ある程度はしっかり握らないと駄目です。
バイクが暴れ出した時に、グリップから手が離れることがあり危険だからです。
下りは中腰になり、バイク全体の衝撃を腕の曲げ伸ばし等で吸収します。
その為には肩の力を抜く事が重要になります。
普通はグリップを強く握ると肩に力が入ると思いますが
肩をリラックスさせて、グリップをある程度しっかり握る癖を付けるんです。
その癖が付くと、バイクがどんなに暴れ出しても体は安定している為
驚くほど楽に下れるようになります。

登りは苦しいと思えば思うほど苦しくなります。
楽しい顔をするほうが楽になると、クライマー達ははみんな言います。
まっちゃんは苦しくてたまんない時には、森のクマさんを頭の中で歌う事にしています。

投稿: まっちゃん | 2007年7月 6日 (金) 11:06

師匠。いつもコメント、ご指導有難うございます。
やっぱりそうでしたか!あの笑顔は勘違いじゃなかった。
それとグリップのこともやっぱり!でした。力を抜こうとして肝心の部分の力も抜いていたわたくしでした。これも身に付いた悪いクセですね。
そういえば昔ギターの指導で教師が
「悪いクセがあるならそれをとろうと思わず、新しいクセをつければ良い」とおっしゃってました。
入れるべきところはしっかり入れる、それ以外はリラックス、ですね。
上半身、肩から腕全部に力を入れて握り、手以外の全部の力を抜いてみたら、
「これだな」と思いました。

投稿: ガハク | 2007年7月 6日 (金) 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モモンガが頭をかすめた! | トップページ | とうとう買った!サイクルジャージ »