« 裏山トレールで犬と特訓! | トップページ | 派手な走行・地味な練習 »

2007年9月30日 (日)

自分でダウンヒルコース作る!

Cimg01245日前にKyoちゃんが草に隠れた石で転倒、脚に切り傷を付けて帰ってきた。それからぼくは裏山の草刈りに行くようになったんだけど、毎日一時間程度ではなかなか終点まではいけない。まだ裏山の小ピークの終点まで1.6キロの三分の二くらいだろうか?今日の日曜日は幸いにして雨、少しお休みしないと使い慣れないところの筋肉がちょっと痛い。

大人の背丈を越すスカンポの群落の上に、さらに大きく葛のツタがかぶさっていて塊になっている。これが一番手ごわい。すっかり道を塞いでいるから鎌を振り回してもなかなか簡単には切り崩せない。

そこで閃いた!トンネルになっている草むらに潜りこんで後ろに出てみたら、あれまあ葛の支えになっているはずのスカンポは葉っはが枯れていて丸見え。そこで茎が立ち並んでいるところ目がけで鎌を振る。と、、、中空なスカンポは面白いようにばらばらと倒れた。

そこで思い出したのが、宮本武蔵であります。一乗寺下がり松の決闘。みんな知ってるかなあ?
決闘場に生える大きな下がり松の木の上に武蔵は前夜から既に身を潜めていた。吉岡清十郎の子伝七郎を守るため大勢の吉岡道場の一門が周囲を固める。その時となって突然松の上から現れた武蔵、まったく予期していなかった伝七郎を一刀の元に切り伏せてしまう。敵の裏をかき、まず大将を背後から襲うという奇策であります。その後慌てて群がって来る道場生たちと切り合いながら逃走、、。

スカンポの軍勢も背後に回ってみれば隙だらけ。バッタバッタと伐り倒すおれは、武蔵じゃー!
しかしこのコース改めて走り降りて振り返ると、ダウンヒルコースも出来るんじゃないか?と。鎌を振るう丈夫な足腰がなければこれも夢のままなんですが。(画)

|

« 裏山トレールで犬と特訓! | トップページ | 派手な走行・地味な練習 »

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

秋になったら僕も ホームゲレンデのコース整備(草刈や倒木整理)に出掛けます。
宮本武蔵って 意外とせこい事やって勝ち続けたんですよね。
でもあの時代に 格好つけて いつも勝てるほど世の中甘くないことを悟っていたのだから 凄い人です。
虎に聞かせてやりた話です。 

投稿: ニコ | 2007年10月 1日 (月) 11:58

ニコさん。お疲れさまでした。お帰りなさい。しかし勝利の美酒に酔うどころか悪酔いのような現実。
でもこれで虎の「負け神様=ニコ」の疑いは完全に晴れましたね。良かったような残念なような。CSが今度はチョー心配です。
コース整備って大変ですが、それはそれで贅沢な楽しみですね。

投稿: ガハク | 2007年10月 1日 (月) 21:46

祝 虎クライマックスシリーズ出場決定!

投稿: ニコ | 2007年10月 2日 (火) 00:33

願 クライマックスシリーズ一位通過!
紆余曲折の不思議なシーズンですね。この調子で優勝も!?

投稿: ガハク | 2007年10月 2日 (火) 00:48

ルート作成などでは草刈機が活躍します。
 もちろん自分の山でなら可能なことですけど

投稿: なんぱく | 2007年10月 4日 (木) 10:46

いつも某ツーキニスト掲示板ではお世話になってます。ここでお会いするのは初めてですね。
うちでは完全人力です。犬は手伝わないので。
自分のものではないけれど見捨てられたような山です。

投稿: ガハク | 2007年10月 4日 (木) 11:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 裏山トレールで犬と特訓! | トップページ | 派手な走行・地味な練習 »