« 犬にも勝てない山サイの技術 | トップページ | 大雨の後の落石にご用心! »

2007年9月27日 (木)

バニジャンしてる間にこんなに伸びた

Cimg0050この夏は技の練習ばかりで一度も裏山に行かなかった。台風の後、入り口の林道の状態も相当悪くなってもいた。例年にないひどい暑さだったこともある。

さしもの暑さもようやく峠を越えたし、先日のKyoちゃんと犬の冒険に触発されて裏山整備に出かけた。ザックの後ろに鎌を縛り付け剪定ばさみを収納し、ヘルメットを冠り、ゴム長を履いて出かける。こういう時はフラットペダルが便利。ジャージの裾止めにスネガード。妙な恰好だがとにかくMTBerなのである。

入り口から腰まである草。MTBを立てて草をかき分けながら進む。入り口はわざと刈らないで残しておく。この先にルートがあるようには見せないため。

草の丈がずいぶん高い。「いつもこんなだったかな〜?」と思いながら目の前の草の根元から刈り始める。草刈りにも要領があろうというもの。そこでMTBerの草刈り術。

『上り坂は右側の草を刈れ』
この意味はディレーラーが右にあるため、プーリーやスプロケットに巻きつく確率が高い右側の草を中心に刈り取れ、ということ。下りではペダルを水平にしていることが多く、チェーンが動かないため草の噛み込みが少ない。

Cimg0056見慣れない大石をルート上に発見。石灰岩。やっぱり台風の雨のせいだろうか。どこから転がって来たのか少し不思議な位置にあった。割と形が丸いのも転がり易かったのか?転がっているうちに丸くなったのか?とにかく落石にはきをつけないとね、特に雨上がりには。

全部は終わらなかった。このルート全長1.6㎞。残り200mくらいかな。(画)

|

« 犬にも勝てない山サイの技術 | トップページ | 大雨の後の落石にご用心! »

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。もうじき赤や黄色のお山サイクリングが楽しめますね。今年はMTBで走り回ろうと思っております。

投稿: ちちまる | 2007年9月27日 (木) 20:12

暑かった夏もやっと終わったのか?という涼しさが現れて来ましたね。山道整備をする気になったのもそのせいです。
今夏はあんまり山サイに行きませんでした。
この秋には、来たらまた返り討ちにしてやろうと、たくさんのルートがわたしを待っているような気がします。
ちちまるさんの走り、ブログでのご報告を楽しみに待っています。

投稿: ガハク | 2007年9月27日 (木) 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬にも勝てない山サイの技術 | トップページ | 大雨の後の落石にご用心! »