« トレールでジャンプ・2 | トップページ | 夕闇迫るトレール道 »

2007年10月22日 (月)

鳥の翼のMTB

Cimg0432裏山トレールの最高点からの眺めです。梢の間から見えるこの村にもう24年住んでいます。

住み始めたばかりの頃、私たちは2台のオフロードオートバイを持っていました。自分で買ったホンダのXL200と、大学山岳部の先輩にもらったホンダXT125でした。XLはモトクロスタイプ、XTはトライアルです。その2台で毎日この裏山のここの最高地点まで登って来てはタイヤを並べて練習していました。
オートバイは馬のようでした。ガソリンが飼い葉、手綱がハンドル、あぶみはステップでしょうね。
ブルブルブルルルと唸るエンジン音を頼もしくもカッコ良くも思いながら、ゴロゴロした山道を駆け上り駈け下っていたんです。

Cimg0442それが今はMTBになりました。ある日アパート経営をしている知人からのメールで、
「自転車があるんだけど使わない?」でうちに持ち込まれたのが、いわゆるルック車でした。
ガハクはそれでひと夏フルに遊んでいました。だんだん本格的になって今に至ります。

で、思うんですけど。自分で漕いで高いところまでハアハアゼエゼエしながら登って、そこから一気に下る時の爽快感は、まさに鳥のようではないかとね!鳥も高度を上げるにはかなり筋力も使うでしょうから。そして風にうまく乗って行く。ダウンヒルはまだまだヘタだから怖いけど、こうやって遊んでいるうちにいつか鳥のように爽快にトレールできる日を夢見ています。(K)

|

« トレールでジャンプ・2 | トップページ | 夕闇迫るトレール道 »

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トレールでジャンプ・2 | トップページ | 夕闇迫るトレール道 »