« 台風でズタズタになった林道で練習 | トップページ | ディスクブレーキパッド交換騒動 »

2007年10月 5日 (金)

葛(くず)に覆い尽くされた山

Cimg0278今日も犬の散歩がてらのルート開拓に出かけました。鎌を2本ザックに括り付けて出発。昨日まで草刈りの済んだところにバイクを寝かして、その続きです。

まわりの斜面はすっかり葛のツタで覆われています。背が高い木は杉ですが、このまま放っておけばやがて窒息して枯れてしまうでしょう。山林の維持が大変なのはこの風景を見てもよく分かります。葛の繁殖力の強さはすごいものです。そう言えば中国の揚子江流域の緑化に葛を使うという話が以前ありましたが、その後どうなったのでしょうね。

しばらく行くと庭園風の湿地に到着。この辺りは傾斜がなだらかなので腐葉土が水をたっぷり吸っているのです。自然に生えて来た木が可愛い並木道を作っているのですが、これにも葛が絡んでスキあらば枯らそうとしています。でも葛にとってはどうなんでしょう。完全に枯らしてしまっては支えが無くなってしまうのに、自分で高いところには登れない植物なのですよね。茎は木質化してかなり太くなります。これでも草なんだそうで、木ではありません。

Cimg0273_2頭にぶつかりそうな枝を払いながら尚も前進。もう少しでルートの最高地点に付くという辺りで今日は終わりにしました。昨日と今日でかなり進みましたし、
「楽しみは明日にとっておこうよ!」とガハクも言っています。あと50mくらいでしょう。

帰りはガハクが先頭を走り、そのすぐ後ろをトワンが駈け降りて行くのを後ろから眺めながら下りました。

刈り取った草の茎がタイヤに踏まれる音がしました。ボコボコブカブカ ボコボコボコッ。ああなんて愉快なんだろう!(K)

|

« 台風でズタズタになった林道で練習 | トップページ | ディスクブレーキパッド交換騒動 »

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風でズタズタになった林道で練習 | トップページ | ディスクブレーキパッド交換騒動 »