« 鳥の翼のMTB | トップページ | 仕事前にプチヒルクライム »

2007年10月24日 (水)

夕闇迫るトレール道

Cimg06695時過ぎると暗くなってしまうので慌てて裏山に出かけた。プロテクター代わりの梱包材が詰めてあるザックにノコギリを追加。練習ついでにトレール道を整備しようというわけだ。犬も連れて出た。

雨で深い溝が掘れてひどいことになっている林道をダンシングでゆっくり登る。所々リアタイヤが滑ってバランスを取りにくい箇所もダンシングで何とかクリアーするように頑張る。これも練習。ギアはセンターロー2,3枚。

奥まで入るとまず誰もいないので犬の引き綱を解いてやる。犬の動きはクマベルの音で分かる。MTBにもクマベルが付いているので犬にもこっちがどこにいるか分かるはずだ。この辺からはシッティング、インナーロー1,2枚

いくつかの難所を越えながら周囲の林をチェック。藤ツタやクズのツルが木立を圧迫していればMTBを止め、ザックからノコギリを取り出して切り取ってやる。引っぱり降ろせるものは引っぱって片付ける。道が明るくなって気持ちいい。

今まで何度トライしてもクリーンできない登り坂、草と石で滑ってバランスがとれなくなる。インナーローが滑りやすいならリアをギア一枚上げてみるもダメ。一方下りではここで何とかジャンプできないかと思っているがまだ一度もできない。急斜面で惰性がつき過ぎてしまう。今度はもっとゆっくりした速度でタイミングを計ってやってみよう。

Cimg0574トレールの最高点まで行き着かない前に5時になってしまった。山の上のこの辺りはまだ明るいが下の林道は真っ暗になってしまうこともあるので帰ることにする。

犬を呼び寄せると鈴が遠くの方から聞こえて来た。「帰るよ」と声をかけて走り出す。犬は後から慎重について来る。下りはMTBの方が速い。いくつかのポイントで犬を待ち、また走り出す。MTBと犬の両方の鈴の音が山を下りて行く。下はまだそれほど暗くはなかった。空が晴れているからだろうか。

犬を家に入れてから広場に行き練習。
ウィリーは微速からなら楽に上げられるが、ちょっと速度がついているとダメ。
ジャンプの為のフロントアップ練習では、腕で引っぱり上げようとしているらしく、手首が痛くなる。上体を後ろに引いてアップというのがイマイチ体感できない。
リアアップはまあまあ。ジャックナイフは段々上がるようになって、ピボットも少しずつ大きくなって来たので楽しい。
けっきょく、手首と水平ペダルの後ろ足(わたしの場合は右脚)がひどく疲れた練習であった。

今日は十三夜だそうな。(画)

|

« 鳥の翼のMTB | トップページ | 仕事前にプチヒルクライム »

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

通勤の行き帰りで地味~にスタンディングを練習しているのですが、どうやら壁に行き当たっているモヨウ。
ちょっと前、何度か、まるでオブジェのように「ぴたっ」と止まれることがあったのですが、なぜか今はダメです。
くやしいけど、何かがわずかに違っているのでしょう。
それを乗り越えたときの楽しみを想像して、諦めずに練習あるのみ。
通勤だから、毎日練習できますし。
このトシになると、30代では苦痛だったそんな壁も、多少の余裕で楽しみにもできるんですねえ。
加齢って偉大だ(笑)

投稿: 壱号 | 2007年10月24日 (水) 22:10

できたことができなくなったのも、もしかしたら加齢のせいでは?(笑)ジョーダンジョーダン
いや、おもしろいお話ですねえ!加齢とは経験の集積であると思えば良い訳ですからね。壁を感じた時に落胆するんじゃなくて、越える目標を与えられたと思ってエンジョイする。経験の豊富さを思わせるお言葉です。
できたスタンディングスティルができなくなった理由は、わたくし思いますに、こうするとできる、こうするとできないというようなことが分かる為ですよ。技を完璧に身につける為の必然的な道程でしょう。
わたしはまだピタリ・も後ずさり・もできませんが。

投稿: ガハク | 2007年10月24日 (水) 22:55

「こうするとできない」
あー!それだぁ!(笑)
どうもできないのは”わざとらしい”と感じる時のような気が。前輪をひねったり、体の重心を意識したりするとダメな気がするんです。
ラクな姿勢、リラックスした姿勢、まっすぐ微速前進から自然に止まるような速度と姿勢。
そんな気がするんです。
・・・でも、これもわざとらしいかも?(笑)
涼しくなって練習しやすくなった気がします。
(暑がりなものでして)

投稿: 壱号 | 2007年10月25日 (木) 23:44

“わざとらしい”の反対は、思わずすっと出た、みたいな時の自然なボディムーブでしょうか、、。
勉強になりました。
ニーリーの『MTB!』にブレインスマート(初心者=学習者)と、ボディスマート(熟練者)というのが書いてありました。頭で理解した知識を、教義になるまで身体に覚え込ませろ、ということらしいです。

投稿: ガハク | 2007年10月26日 (金) 01:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥の翼のMTB | トップページ | 仕事前にプチヒルクライム »