« ダンシングでケイデンス130? | トップページ | プロテクターと高ケイデンス »

2007年11月 2日 (金)

ディスクブレーキパッド交換

Cimg0908ショップでディスクブレーキバッドの交換の仕方を教わった。

ゲーリーフィッシャー、フクイクのディスクブレーキはヘイズ。
ブレーキパッド自体は突起部をペンチなどで引っぱればはずれるし、手で押し込めばパチンとバネで止まるという至ってシンプルな構造。しかし新しいパッドに交換したらパッドとディスクローターとの隙間調節をしなければならない。パッドを押さえつける左右のピストンを新品の厚み分だけ開いてやらなければいけないということを初めて知った(何となく自動で調整されるみたいに思っていたのであった)。

ただ下手にそれをやると壊しかねないということで、ショップでやってもらうことにしたわけ。

「どういうわけで交換しようと思ったんですか?」とまず聞かれた。
「一年以上もそのままだし、それで構わないのかどうか漠然と不安で」と答えると、
「それだったら大丈夫ですよ。特に問題がなければこの古いパッドはまだ使えます」とのこと。新品に比べて半分以上も減ればそろそろ交換時期かな、というぐらいだそうだ。

もうこのバイクKyoちゃんが乗って5000キロは走っているということだ。わたしのバイクのVブレーキはもう何度シュー交換したことか!?それに比べればパッド自体はVより高いが全然経済的じゃんか!リムも汚れず摩耗せずバイク制動力コントロール、、、良いなーディスク♡

作業自体を見せてもらいたいということもあり、フロントだけ新品に交換してもらった。作業をしてくれた店長、さらにレバーの引き代調整に移る。新しいバッドをつけたらレバーの引きが遠くなってしまった為。

(写真の)黒い四角いシートをディスクの代わりに挟み、余分なオイルを抜く作業。ブレーキレバーを一番上になるように回して立て、すぐ横にあるキャップを外すとオイルが溢れ出てきた。それをティッシュで拭い、キャップを閉めもどし回りにシュッシュッとクリーナーを吹き付けて拭いた。
「このオイルは塗装に良くないんで」とのことだ、「このキャップ走っていて無くしちゃった人がいたんですよ、全くブレーキが利かなくなったと言ってました」
「じゃあテープかなんかで巻いといた方が良くないですか?」
「うーん、、、他には聞いたこと無いですがね」などと会話。

リアブレーキの方は自分でやると言うと、「じゃあこれで」と、黒いヤツ(ディバイス?)をくれた。気前良いなあ♡

作業が終わってタイヤを付け直し、今度はパッドとディスクとの隙間調整。ネジを緩めたり閉めたりして微調整。
「タイヤを外す度にそれしても良いですか?」
「やってください。本来ならもっとキチッとしていて欲しいところですけどね」

ついでにディスクブレーキ車は逆さにしてはいけないのかと聞いてみた。
店長曰く、その状態で激しく振動を与えたりしなければ構わないとのこと。ダウンヒルのような激しいライディングを想定しなければそんなに神経質になる必要はないそうだ。
「ダイヤフラムがですね、、、」??何のことだか分かんない(画)

|

« ダンシングでケイデンス130? | トップページ | プロテクターと高ケイデンス »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

ディスクパットの交換のとき 余分なオイルを抜く?
そんなこと やったことないなぁ…などと思いながら読ませていただきました。
メンテナンスはサスのチューンナップくらいしか自転車屋のお世話になったことがありません。
基本大雑把な私でも ブレーキは気になりますので お勉強しようと思いました。

投稿: ニコ | 2007年11月 2日 (金) 03:04

 理解不足なうえに説明不足で申し訳ないです。わたしが教わりたいです。
1:パッドを交換してから(写真の)黒いディバイサーをローターの入る部分に差し込んだ。
2:すると、ブレーキレバーの引き代がほとんどなくなってしまった。
 (ディバイサーはローター+隙間分の厚みなんですね)
3:そこで引き代分を確保する為に圧が高すぎる分のオイルを減らす必要があったというわけです。

 以上が私の理解。
《?》でも今までは取り替える前のと同じパッドを使っていたのに何故その必要がなかったのかなあ。

投稿: ガハク | 2007年11月 2日 (金) 11:31

パッドが擦り減った分だけ、パッドの後ろでピストンが押し出すわけでしょ?その時いちいちオイルを補充したわけじゃないし、、、
どっかに小さなタンクみたいなもんがあるんかな?
で、また新しいパッドを付けたらオイルが溢れるってのはどういうことだろう?最初と同んなじオイルの量で良いはずじゃんか〜!
そんなに微妙なもんなのだろうか?
レバーの調整をし直したのと関係ありそう。
まあメンテお任せのわたくしとしては、ただ理屈だけは分かっておきたいということなのですが。

投稿: Kyoちゃん | 2007年11月 2日 (金) 12:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダンシングでケイデンス130? | トップページ | プロテクターと高ケイデンス »