« 半月に見られながら | トップページ | R299沿いの美しい紅葉 »

2007年11月19日 (月)

木枯らし対策にヘルメットカバー

Cimg1374ヘルメットカバーはフランス製?

これに見覚えのある方も多いはず。パン屋さんのチェーン店の袋なのですが、これがヘルメットのサイズにぴったりなのです。ポリ袋の厚みも程良く、寒風の中を疾走してもパサパサしなくて快適でした。

すぐにジャンクになる私ですが、これは我ながらちょっとセンスが良いんじゃないかと、、、。それに頭が温かいと走っていても安心感がありますね。昨日までの過酷なジテツーイメージが、今夜は鼻歌混じりでルンルンでした。

いよいよ木枯らしが吹き始めて寒さ対策が必要になってきましたので、手袋も行きと帰りで2種類使い分けています。夜はスキー用の2重手袋(去年リサイクルショップで500円でゲット!)を着用。

これらの防寒着の中でいちばん高価なのがイヤーウォーマー。ぴったりフィットしてズレないし、音もしっかり聞こえるし、コンパクトに畳めるという優れもの。ちなみにガハクはこれ持ってないです。彼の耳は寒さに強いらしい。(K)

|

« 半月に見られながら | トップページ | R299沿いの美しい紅葉 »

ジテツーアイデア用品」カテゴリの記事

コメント

Kyoさん こんばんは。
ヘルメットカバーと聞いて 昔の自転車ヘルメットを思い出しました。
発泡スチロールの本体に 布製のカバーを掛けて使うタイプで
カバー替えるだけで ヘルメットを新調した気分になれました。
しかし そのヘルメットは10年くらい前に 突然世の中から姿を消しました。

この頃急に寒くなりましたね。
早朝のジテンツーが 着膨れで窮屈な季節がやってきますね。

投稿: ニコ | 2007年11月19日 (月) 03:36

ニコさんは自転車歴が長いですもんね〜
ヘルメットカバー付きで売っていたのですねえ。
自転車の用品をネットで調べるとカバーもあるようですが、、、、
自分で作れそうなので買う気になりません。
田舎道のジテツーなので、山のヤッケとかいろんな代用品で勝手な服装で走っています。でもどこかで見られているらしくて、だいぶ私のジテツーも地元で知られるようになってきましたよ。
昼と夜では気温が10度も違うので帰りは着膨れです。

投稿: Kyoちゃん | 2007年11月19日 (月) 10:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 半月に見られながら | トップページ | R299沿いの美しい紅葉 »