« ウィリー好感触! | トップページ | ウィリーは自転車に乗るより難しい »

2007年11月27日 (火)

グリップがボロボロに!

Cimg1553気がついたらグリップに穴が。見ればゴムの部分が擦り減ってしまって下地が出ていた。ここはプラスチックなのだとは初めて知った。二ヶ月前の新品と比べると見る影もない→こちら

このグリップ、両側のクランプを締めてバーに止めるようになっている。
これは便利。水がかかっても回ることはない。エンドバーをつけるなど、グリップを動かしたい時に重宝する。

『club ROOST製Go Fast』

何でも二層構造ということで、外側は柔らかく内側に硬い素材が使われているとは言われていた。確かに握ると柔らかく、手に吸い付くようだが、でも底の方にはしっかりとベースがある感じ。これは薄手の手袋で握ることを考えてのデザインだと思う。厚いものやクッションのある手袋だと、表面が柔らか過ぎ、グネグネしているようで反応が悪くなる。

この仕組み、性質の違うゴムかなんかが二重に使われているのかと思っていた。まさかその硬いところがプラスチックだとは思っていなかった。こうして分かってみるとこれなら確かに硬いのは道理だ。上のゴムの柔らかさは滑り難いから良いとして、問題は減りやすいこと。滑り止めのパターンが見る見る削れて無くなっていく。まるで消しゴムみたい。

そして気づけばこうなっていた、ってわけ。買い換えかなあ?(画)

|

« ウィリー好感触! | トップページ | ウィリーは自転車に乗るより難しい »

mtb用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウィリー好感触! | トップページ | ウィリーは自転車に乗るより難しい »