« 自転車泥棒・わたしの場合 | トップページ | 山は冬の光・ウィリーは今何センチ? »

2007年12月12日 (水)

裏山にイノシシぞろぞろ

Cimg1997_2裏山トレール道のいちばん最後のスロープを登っている時でした。前方に黒っぽいものが動いています。すぐに私も犬もピタッと立ち止まりましたが、向こうもじっとこちらを見つめています。すぐにイノシシだと分かったので、犬に「待てっ!」と指示。

距離はまだ30メートルほどあります。犬はじっと動かないでくれたのでまずは一安心、向こうの出方を観察することにしました。何もしなければただ通過して行くだけのはずなのです。もう何度もイノシシとは遭遇しているので、そんなに危険な動物ではないことは知っています。

イノシシの方も安心したのか、また山の上を目指して歩きだしました。そしたらその後ろから次々と小さなイノシシの子が現れたのにはビックリ!まあ、なんと子だくさんなことでしょう。一列にきれいに並んで黙々と道を横切って行きました。

家に帰って報告すると、
「なんでデジカメで撮らなかったの?」と言われましたが、ジーパンのポケットに手を突っ込んで取り出している暇なんかなかったのです。時間にして数秒の出来事なんです。カメラはいつも手に持ってないとシャッターチャンスは逃してしまいますね。

それにしてもうちの犬、山の登り始めからビクビクして帰ろうとばかりしていました。子犬の頃はイノシシを追いかけて尾根の向こうに走り込んで行って、1時間も帰ってこなかったこともあったのに、その後返り討ちでもされて怖い目にでも遭ったのでしょうか。
最近の犬の警戒ぶりと、ガハクが先日見た黒い背中の動物、それに防災無線の熊目撃情報で、この裏山にも熊がいるのだとばかり思っていたのですが、イノシシだったらそれほど怖れることもありません。

「でもまだ疑いが晴れた訳じゃないよ!相変わらず熊の臭いにビクビクしているのかもしれない」とガハクは脅かします。(K)

|

« 自転車泥棒・わたしの場合 | トップページ | 山は冬の光・ウィリーは今何センチ? »

どうぶついるいる」カテゴリの記事

山で出会うもの」カテゴリの記事

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車泥棒・わたしの場合 | トップページ | 山は冬の光・ウィリーは今何センチ? »