« 進化するプロテクター | トップページ | ウィリー日記・腕の形 »

2007年12月25日 (火)

クリスマスイブのウィリー

Cimg2355満月の広場はすっきりと月明かりで照らされていた。昨日までは霜で凍って、タイヤが踏んで行くとばりばりと音を立てて潰れた土も、今日の暖かさですっかり融けたらしい。抵抗がまるで違った。走りやすかった。

『その場Fアップ』は成功率100パーだと豪語していたが、広場ではさっぱりだった。
『半コギFアップ』の方は、確かにうまく体が使えた時のみFがきれいに上がり、リアブレーキできれいに真っすぐ落ちる。ちょっとでも横にずれると、Fが落ちた時ひどく手首に衝撃が来る。

それでも練習の成果あり。いざウィリーをやってみると、Fは前よりずっとよく上がる。姿勢もだいぶウィリーらしくのけぞるような形がとれるようになってきた。Fトップの位置で多少の心理的余裕も出ては来たし、やっとウィリーが始まったような気持ちだ。

ただ、腕の力が抜けてきれいにFが上がっている瞬間は長続きしない。そのトップの位置を感じ取ろうという意識が強いせいか、ペダリングのタイミングが遅れる。だから以前より距離が出ない。腕力でハンドルを上に引っぱり、ペダルをガンガン漕いでいる方が距離そのものは行くようだ。でも腕力でFを上げていられる時間はそう長くないはずだ。

100mウィリー(どこまでもウィリー)を目指す以上、ムダな力を使わないフォームを身につけなければ。

Cimg2327さて、Kyoちゃん製プロテクターの試着を兼ねた練習だったので、ここでプロテクターのインプレを。

装着に違和感はほとんどなし。だが、使っているうちに下にずり下がって来てしまった。ゴムベルト(実はパンツ用ゴムひも)の締め付けの力が弱いのか?取り付け位置が悪いのか?ジャージの上からつけたのでジャージの裾が下がればプロテクターも一緒に下がってしまう。もっと体にフィットしているズボンなら下がりにくいかも。

広場を照らす満月の回りに光の大きな円弧がきれいにかかっていた。カメラの画角に納まり切らない大きさだ。お月さんとKyoちゃんお手製のプロテクター、ふたつの愛に見守られながらガハクは今日もウィリーに励むのであった。とさ。(画)

|

« 進化するプロテクター | トップページ | ウィリー日記・腕の形 »

mtb用品」カテゴリの記事

ウィリー02」カテゴリの記事

コメント

イブのウイリー、お疲れ様でした。
バイクのウイリーは、わりと間単に出来るのに
自転車のウイリーってとうしてこんなに難しいんでしょうね。
10mも走れれば満足していたので
それ以上の距離は別世界だと言うことがわかりました。
10mは勢いで行けるけど、それ以上はバランスの
コントロールなんですね。
近所でBMXの練習をしている青年達がいるので
今度コツを聞いてみようと思っています。

投稿: まっちゃん | 2007年12月25日 (火) 09:42

まっちゃん師匠。おはようございます。満月のウィリー、楽しかったですよ。練習だけでもこんなに楽しいんだからウィリーで走り回れたらどんだけ楽しいだろう、と夢がふくらみました。
オフトレールでウィリーをしながら長い距離を走る意味なんかありませんよね。ここという時にちゃんとフロントが望み通りの高さに上がってくれさえすれば良いはずです。その恰好のまま走り続ける必要がない。だからみんなこれだけのみの練習なんて馬鹿にしてあんまりしないんじゃないでしょうか。
でもMTBに本格的に乗れる人ほどこういうことの面白さも知っているように思えます。
いやそんなことどうだっていい、おもしろければやるだけだ!ですね。

投稿: ガハク | 2007年12月25日 (火) 10:17

F は、上半身のチカラ(荷重移動)で引き上げるもの。
腕は、その上半身のチカラをハンドルに伝えるための、
単なるチカラの伝達ロープにしか過ぎません。
(腕の長さのロープを2本用意して、右肩と右クリップ
左肩と左グリップを繋いで、腕は胸の前で腕組みでもして、
それでウィリーできたら理想的・・・なんて考えたことさえ
ありました ^○^;)

F が上がったら、あとは、まさに鉄棒での斜め懸垂のように
後ろ&斜め下方向に ただハンドルにぶら下がっているだけ
・・・の感じ。

以上のようにすれば、「腕を伸ばそう!」「チカラを抜こう!」
ではなく、自然と 必然的に、腕も伸びてしまうし、チカラも
抜けてしまいます (^^)v

もっとも、最初から無駄なチカラを抜くことが出来るようなら
スポーツの天才かもしれません。  天才じゃない私は
・・・いっぱい練習しましたし、今もしています (^^)b

ところで、ニーシンガード、すごくカッコ良く
出来上がりましたね~!

投稿: Danhan | 2007年12月25日 (火) 10:21

ニーシンガード、実はソトヅラだけで、改良の余地ありありです。

何かをするのに『力を抜け』って考えてみれば不思議なことですね。乳飲み子が人間になって最初に教わるのが『力をいれろ』ではないでしょうか?でもたぶん『力を抜け』もそれと同時に発生した。効率良く力を入れるためにムダな力を抜く。
テクニックの到達点の方から見れば、やって来ようとしているものの回りを取り巻いて見通しを悪くさせている霧がはっきり見えているはず。
どうか先達の貴重なアドバイスがわたしたちを取り巻く霧を晴らしてくださいますように。
キョウハ、クリスマスデス__)+

投稿: ガハク | 2007年12月25日 (火) 11:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 進化するプロテクター | トップページ | ウィリー日記・腕の形 »