« ウィリー日記・腕の形 | トップページ | MTBと離れるのが怖い »

2007年12月26日 (水)

ウィリーの基本はこれっ!(動画)

本日わたくしもとうとう「その場フロントアップ」ができるようになりました!
これもDanhanさんの適切なアドバイスと、それを素直に実行しているガハクを横で見ていたからであります。
ありがとうございました。

実はも今日も
「ダメだな〜ちょっとは上がるけど、どうやったら後ろにまくれるのかワカラン」とボヤいていたのです。
「ちょっとやっているところを見せて」と外に出て、まずはガハクが見本を見せてくれるはずでしたが、、、上がらない!? 100%を豪語していた人がどうしたの?

一晩経つと、あの成功した時の感覚を忘れちゃうらしいですね。悩みながら何度もやってました。私のバイクだからかしら?と、自分のを引っぱり出してやってみたら、、、やっぱりできない。かなり焦った風でした。

冷静に考えた挙げ句、
「そうか、、、昨日のことを忘れていた。ただ胸をハンドルにつける。胸をそのまま後ろに開くということだけ考えてやったんだった」と。結果はオーライ!やっとこさ、わたしのバイクでも出来るということを実証してくれました。
シートの角度と位置をちょっと変えました。前がわずかに下がっていたのを水平にして、ちょっと後ろにスライドさせました。

私がなかなかできなかった理由がやっと分かりました。ブレーキが甘くて、上げようとする度にズルッと後ろに後輪が動いていたのです。これではフロントにぐっとかけた圧力の反動が生かせません。
「ほら、また弛んでる。ぎゅっと握り続けないと」と、何度かやってたら、、、ヒョイとあやういバランスの所までまくれましたよ。こうなってくると面白いものですね。
「○○もおだてりゃ木に登る」的に、ウィリー村に向かってまた走り出したのであります。(K)

|

« ウィリー日記・腕の形 | トップページ | MTBと離れるのが怖い »

Kyoのウィリー日記♥0」カテゴリの記事

mtb動画」カテゴリの記事

ウィリー02」カテゴリの記事

コメント

思わず、「おっ、いいね いいね~ オッケェ~(^^)」なんて
つぶやきながら拝見しちゃいましたヨ。
画伯より、前傾に入る前など、肩のチカラも抜けている感じが
良いですね(^^)。今では画伯も進歩なさっているでしょうが、
先の動画では、始める前から気合が入りすぎて、ガチガチに
なっている様子が見てとれました(^_^;)。

で、例によって こうすればモアベターってトコロを・・・

前傾で顔があがって前方を見ているのは とても良いトコロ
です。 でも前輪が上がってきたらアゴを引いて、やはり
前方を見ましょう。
空を見上げてしまうと、自分の空間認識能力も低下して
自分が今 どんな状態にいるのか分かりづらくなります。
視線は前傾時も後傾時も進行方向の定点を見つめましょう。

もうひとつ。やっぱり最後で腕が曲がっちゃっていますね。
(非常に おっすぃ~!)
腕はハンドルにぶら下がるように伸ばしたままの方が、
より後ろに荷重が かかるので、ラクに後ろに倒れることが
出来ます。 また、この 武道における 型の練習 に相当する
「その場Fアップ練習」で、シッカリ 後傾時の姿勢(アゴを
引く 腕を伸ばす その他 諸々)を身に付けておかないと、
後々 いらぬ苦労をすることになります。

では、楽しく頑張ってください(^^)。

投稿: Danhan | 2007年12月26日 (水) 16:50

Kyoさんまで 出来るようになられたんですね。

僕もやってみました。
なんだか 上手く上がりません。
おや? リヤサスが沈むんですよ。

ガハクさん これって言い訳?
Danhanさん フルサスバイクの場合どうしたら良いのでしょう?

投稿: ニコ | 2007年12月26日 (水) 22:03

Danhanさんにオッケーもらって、ぴょんぴょん跳ねて(バニーホップみたいに)喜んでおります。
武道における型のごとく、ウィリーにおける「その場Fアップ練習」は重要なんですねっ!分かりました。

ガハクにも
「なんで最後に頭が上向いちゃうの〜?」と指摘されていました。
腕が伸びないのを頭でおぎなおうとしてたみたいですね。
いくらわたしの頭はずっしり中身が入っているので重いとは言え、
空を向いていては実際の走りには使えませんよね。
そっかあ、ウィリーに繋がる型にしないと。
よ〜し、明日またやってみます。

投稿: Kyoちゃん | 2007年12月26日 (水) 22:46

ニコさんへ。ガハクからの伝言です。
「それは良い訳です」とのことです。ふふふっ。

いやうれしい〜ほんとにニカニカしてしまいました。
こんなことでも面白いんですね。走り出してもいないのに。
子どものような気持ち、初めて自転車に乗れたときのような新鮮さですよ。
でもよく見て頂ければ分かりますが、地面がやや傾斜があるところでやっています。これはガハクの進めに従って、まず庭で場所選びから始めました。(内緒ですがね、実はこの後室内練習場のコンクリートの上でやってみたんです。ダメでした。まだ型がなってないという証拠)

投稿: Kyoちゃん | 2007年12月26日 (水) 22:58

ニコさん。サスはやっぱり不利ですかね。でも、あれ最精鋭のリアサスでは?わたしのボロいフロントサスでも最初はロックしてやってましたが、今はそうしないでもFアップできるようになってます。

そう言えば「フルサスバイクは楽しい」と、どこかのブログで読んだばかりだなあ。

投稿: ガハク | 2007年12月26日 (水) 23:08

ニコさん。
「その場Fアップ練習」くらいなら、サドルを踵が やや浮く
くらいの高さまで下げられれば、フルサスでも問題ないと
思います。 実際のウィリーになると、リアサスが動く
ことにより、リアセンターが微妙に変化するので、ちょっと
やりにくいそうです。
やはりハードテイルがよろしいかと・・。
ただ、リアサスをロックアウトしちゃうとか、縮み側の
ダンパーを閉めこむ(硬くor動きにくく)とか、エアor
コイルスプリングにかかわらず、イニシャルプリロードを上げる
(硬くセッティングする)とか、リアが動きにくくなるよう
試してみてはいかがでしょう?

しかしこれがマニュアルになると、リアサスが 乗り手の
余計な動きを吸収してくれるので、かえってやり易いと言う
仲間もいます。


> 地面がやや傾斜があるところでやっています。
ソレ、めちゃめちゃOK! ナイスアイディア!
スタンディングだって、壁スタンディング、坂道スタンディングと
最初は少しでも やり易い場所で練習を始めるのが通例です。

投稿: Danhan | 2007年12月27日 (木) 09:01

おはようございます、Danhanさん!
ニコさんへのアドバイスもありがたいです。
ニコさんまだ地上のお宅でしょうか?山のガイドをなさっているので、そろそろ正月山行ですよね。お天気が安定していると新年のご来光が拝めるのでしょうけど。

やや傾斜があるところで「その場Fアップ練習」するのって、ズルじゃないんですね。良かった〜♪きれいなフォームでできるように、またやってみます。

投稿: Kyoちゃん | 2007年12月27日 (木) 09:13

ガハクさん 
痛い突っ込み ありがとうございます(笑)
フルサス最高~な所を見せてやる! …てなっ感じで頑張ります。

Kyoさん
お正月は日本平で初日の出の予定です。
観光? まぁウォーキングということで。

Danhanさん
アドバイスありがとうございました。
サスを少し固くしてしてやってみます。
いつの日かマニュアルを… 
一瞬は浮いていても プレッシャーがウィリーとはぜんぜん違いますよね。(怖いっ)

投稿: ニコ | 2007年12月27日 (木) 13:11

Danhanさん。ニコさん。
ぼく自身が撮った動画を見ては「おもしろいオバさんだな〜!」とげらげら笑っています。最後の動きは首つりみたいでしょ?
どうして最後ああなるんでしょうか?
後ろに体をのけぞらそうとすると頭までのけぞってしまう。人より頭が特別重いとはぼくには思えませんです。
肩に力が入っているようにも見えるし、足が地面から離れるのを極度に怖がって体が伸び切っているようにも見える。肘が曲がっているのはハンドルから手が離れそうに思うからだろうか?
 今では以前よりこの技に関しては上達しているガハクであります。

投稿: ガハク | 2007年12月27日 (木) 18:12

> 「おもしろいオバさんだな〜!」とげらげら笑っています。
あら、シドイ(^_^;)。

> どうして最後ああなるんでしょうか?
Kyoちゃんご自身も おっしゃるように、腕が曲がっているが故に
足りない後ろ荷重を アタマの重みで補おうとしているのかも
しれませんね。
ところで 画伯ご自身も、先の映像では、腕が曲がっているが故に
足りない後ろ荷重を、足(踵)を 後ろに振り上げることで
補っていましたよね~。・・・と突っ込んでおきましょう(^_^;)。

マジメな話し、やはり後ろに倒れることの恐怖心故に、
最初のうちは どうしても腕が曲がってしまうのは
仕方の無いことのように思います。
それを、数限りない 練習によって 克服していくのも
ウィリーの練習の、また一方の真実であると思います。

ところで私も今日、いつものようにウィリー練習を始める前に、
その場Fアップをやってみました。 もちろん いつも100%
メイクは出来るのですが、でも・・・最後の最後で 私も
若干 腕が曲がっていたのでした(^_^;)。
そこで 最後までハンドルに ぶら下がるように 腕を伸ばしつつ
やると、さらに 後ろに倒れやすくなりました。

やはり、いつまでたっても、基本的な練習と動きは大切ですね(^^)。

そんな私も、基本的な動きに留意しつつ練習したおかげか、
本日 初めて、これまでの最長、127mを達成(^^)v


投稿: Danhan | 2007年12月27日 (木) 21:06

127m最長距離樹立おめでとうございます!
パチパチパチ、、、。(でもいつかオレだって(燃))
>足りない後ろ荷重を頭や脚で補う
そーか、足りないと感じるとその人の一番お得意のものでとりあえず補うわけか。
Kyoちゃんは頭、わたしは脚。(笑)
体の使い方の個人差が見えてこれもまた面白いことですね。

投稿: ガハク | 2007年12月27日 (木) 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウィリー日記・腕の形 | トップページ | MTBと離れるのが怖い »