« その場フロントアップ練習!(動画) | トップページ | 進化するプロテクター »

2007年12月24日 (月)

プロテクターを作ってみた!

Cimg2320プロテクターを作りました。これがそうです。何で出来ているか分かりますか?
雨トイです!アトリエをガハクと作った時の資材の残りを使いました。

自転車用のプロテクターの実物なんて見たことがないのです。オークションやら、ネットショップ、お友だちのブログの写真をじーっと見つめて得た情報だけを頼りに作り始めました。
作りながら考える方がいつもうまく行くので、今日もまずスネの採寸から。
25センチとしました。ヒザは12センチくらいで良いかなと思って、ノコギリで雨トイをゴリゴリ、、、、
切ってみて発見!縁の丸みは、ストローみたいな穴になっているのですね。この穴にワイヤー(電気コード)を通せば、ヒザとスネの二つのパーツを繋ぐことができる!と、閃きが。
よしよし、うまく行きそうだぞ〜。

次の行程は、ヒザのパーツに丸みを付けることです。
薪ストーブのすぐ近くにかざして、グニャグニャの一歩手前まであぶって、2本のプライヤーで挟みつつ曲げてみました。3次曲線を出すのはやはりむずかしいですね、無理やり曲げると変に歪んでしまいます。仕方がないので少しだけ曲げることに。

さて一番の難問。
ふたつのパーツが重なる部分のカーブの形がポイントでした。片方は偶然にうまく行ったのですが、もう一方がガツンとぶつかってしまうのです。結局何度も切ったり削ったりしているうちに、だんだん短くなってしまいました。
ちょっと子ども用に近いサイズになったかも。

帰る直前にはいつもうちに電話を入れます。
「へへへっ、今までプロテクター作ってたんだよ〜ん」と自慢。
家に着くなりすぐにガハクに見せたら驚愕しておりましたよ。わたくし大満足。

さらにこれからウレタンマットをクッション材として内側に貼るつもりです。このウレタンもお風呂で使っていたお古。材料費0円でした。あ、それから通気性を考えて、ドリルで穴も開けてあります。
ゴムバンドとかマジックテープを入手する必要あり。でもヒモかなにかで結んで、まず使い心地を試してみたいな。(K)

=*=*=《業務連絡》ウィリー日記

「その場ウィリー」ほぼ100パー達成。
「半コギFアップ」いまだうまく掴めず。
気づいたこと:止まった状態での前傾荷重方向はブレーキロックのせいで『前』でも良いようだ。それで反発が来る(壁ができる)が、走行中に前に荷重すると進行方向に力が逃げてしまい、「壁」ができにくい。
だから走行中は、前荷重方向は地面を抑える感じ(やや下)になるみたい。(画)

|

« その場フロントアップ練習!(動画) | トップページ | 進化するプロテクター »

mtb用品」カテゴリの記事

ウィリー02」カテゴリの記事

コメント

おっ、この形状だとヒザの脇側までしっかり守られそうですね。意外と多いんですよ、ヒザの脇側のケガ(ワタシだけ?)
ダイネーゼ製も、着けてみた時は「邪魔だなあ」と思ったのですが、いざ山を走ってみると、着けていることを忘れてしまいます。実際に走ってみると、当たる部分とかがよくわかりますね。

http://surfing-mbiking083.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/h191120_9432_1.html
これぞバニーホップ!
これを見ると、マニュアルからジャックナイフの要領で空中に跳ね上がる様子がよくわかります。
ウィリーもたぶん同じ要領のフロントの上げ方だと思うんですね。
私としては大変参考になる動画でした。

投稿: 壱号 | 2007年12月24日 (月) 01:56

壱号さん、こんばんは。
ダウンヒルにはプロテクターは必需品だそうですね。
ヒザの側面!確かに大事ですね。
横にはみ出すくらいに広めにクッション材を貼ることにします。
ちょっとフロントアップもできたし、自分用プロテクターも作ったし、、、ウィリー村の入り口がちらっと見えてきましたよ。

バニーホップの動画、高く跳んでますねえ。
ガハクは今は封印しているそうです。基本も理論もしっかり身につけてからもう一度跳び直すと言ってます。

投稿: Kyoちゃん | 2007年12月24日 (月) 02:37

自作プロテクター、凄いっ! (^^)b

私もスネのみのプロテクターがボロっちくなってきたので、中のプラスチック板だけ流用して作ろうかと画策中(^^)。

難しそうなヒザのプロテクターですが、ヒザだけ、自転車用と比べると グッと安価な、インラインスケート用を流用するのもアリではないでしょうか? ヒジ&ヒザセットで3000円くらいです。

画伯さま。
「半コギ Fアップ」は、Fアップ時の左右のふらつき防止の為の練習、両肩両腕から無用なチカラを抜くための練習でもあるので、「半コギFアップ」が出来なければならない、とか、「半コギFアップ」が出来なければ 次の段階へ進めない、というようなものではありません。
「その場 Fアップ」を出来るようになったら、「その場 Fアップ の上半身の動きをシッカリ踏襲しつつ」、前傾で逆足踏み込み 後傾で利き足踏み込み、という通常のペダリングを組み合わせてしまうのもアリです。・・で Fがシッカリ上がったらRブレーキガツンで Fを降ろす。・・・これでもOKです。
人 それぞれですが、むしろ この方が Fは上がりやすいハズですし、よりウィリーっぽくもあるので、楽しく練習を続けられるかもしれません。

投稿: Danhan | 2007年12月24日 (月) 09:25

Danhanさん。またまたグッタイミンなアドバイス、サンキューです。
「半コギFアップ」少し誤解してました。あんまり半コギだけで上げようとして体の動きがばらけてしまったりして、変だなあ?と。
こういう時「できなきゃ」とがんばり、面白くない練習でもやり続けてしまい、モチベーションが下がる、私の場合こういうパターンけっこう多いんです。

ともあれ「その場Fアップ練習」のおかげで、だいぶウィリーらしい体の起こしになって来ましたよ。トップでの心理的余裕が以前と違います。
今までウィリーは、まずがんがんペダリングしないといけないものとばかり思っていました。
>歩く速度でウィリー、カーブしたりUターン、、、
そんなウィリーもいつかやってみたいです。

投稿: ガハク | 2007年12月24日 (月) 11:08

Danhanさん、インラインスケート用とか格闘技用とか、プロテクターにもいろいろあるんですねえ。ヒザの丸みが、、、と悩んでいると、
「まずそれでやってみたら」とガハクが励ましてくれてますので、
ウレタンをこれから貼ってみようと思います。

投稿: Kyoちゃん | 2007年12月24日 (月) 11:52

kyoさま。

自作、Love~(#^.^#)
私も、自作というほどではありませんが、自転車屋さんへ行けばカッコイイ チェーンステーガードを売っているのに、自転車の古チューブを巻いていたりします(^_^;)。

投稿: Danhan | 2007年12月24日 (月) 12:39

> トップでの心理的余裕が以前と違います。

やったねー (^^)v

投稿: Danhan | 2007年12月24日 (月) 15:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その場フロントアップ練習!(動画) | トップページ | 進化するプロテクター »