« 霜柱のトレール | トップページ | スズメバチにリベンジ »

2008年1月 9日 (水)

心の余裕が体の余裕さ

Cimg2669練習場の広場に行く途中の道路脇にヤマグリの木が2本生えている。

少し高い所に道を見下ろすようにあって、誰も手入れするわけじゃないのに年々勝手に大きくなっているようだ。季節にはイガグリがたくさん落ちる。ヤマグリは普通の栗に比べると、粒は小さいが味が凝縮されているようでおいしい。

通る人が拾って行く。わたしも拾うこともある。一度拾い始めるとやめられなくなる。ってのはどういうこっちゃろねえ?

見てると、大抵の人がそうだもん。拾い始めると夢中になっちゃって途中で止める人は滅多にいないですよ。人間の欲というか、ただならとりあえず何でも、みたいな。または猿だった頃の食料集めの記憶、とか?

さて、今はご覧のように葉っぱもほとんどついてない。季節による風物の変化とは、思えばずいぶん劇的なものだ。あれがこれで、これがあれなんだから(何をアンタは言ってるの?)。
でも今はこの寒さに凍えて死んでしまったように見える木だけど、実はよく観察してみるともう若芽の兆しがあるんですよ。

◈◈『業務連絡』ウィリー日記・ブレーキング

課題の、まくれる前のブレーキ。
『半コギアップ』でまくれたら後ろに立つ!ができるようになったのは良いが、続いての課題、
『まくれそうになる瞬間にブレーキ!』←こいつがなかなかできない。「薄くブレーキをかける」なんて高度なことではなく、とにかくウィリーのなかでブレーキを使ってみる、というだけの「ガッツンブレーキ」なのだ。

でもFが上がり過ぎたらブレーキ!だぞ。と意識しているとさっぱり上がってくれないし、思った以上に軽く早く上がってしまい、思わずブレーキングよりもコギ足が先に止まってしまったり、、、。とにかくなかなかできない。悩んでいるとFアップ自体できなくなってしまう。

そこで、今思い始めていることは、とにかくウィリーの状態というか、このムーブメントそのものに慣れる、その時間をできるだけたくさん体験するということでも当面は良いんじゃないか、ということだ。(経験者のお勧めもあることだし)

上がってはすぐに落ちるフロント、上がって落ちそうになるのをコギで何とかしばらく維持、でも落ちる。またはまくれそうになっては足が止まり、落ちる。この繰り返し。これで良い。とにかく慣れていく、そうすれば心にゆとりが出る、体が反応する、という算段だ。

そう言えば今日、ふと左手人差し指(リアブレーキレバー)をちょっと動かせた時があった。ちょっと引いただけだったが、フロントはすぐに反応して落ちたっけ。別のケースでは、「あ、ブレーキかけようか!?」と指を動かしそうになったことがあった。覚えているこの二つの場面。

この二つだな、今日の練習の収穫は。(画)

|

« 霜柱のトレール | トップページ | スズメバチにリベンジ »

ウィリー03」カテゴリの記事

山で出会うもの」カテゴリの記事

コメント

収穫って我を忘れるものですね。
僕も経験があります。松茸&キノコ狩。
松茸が生えるくらいだから そこはクマ回遊地帯。
当然 イノシシ マムシとスズメバチのオールスター生息地です。
怖がっているのは最初のうちだけ。
やがて 足元のキノコと松茸の匂いに神経を集中。
皆バラバラに 道も無い森の中 尾根越え谷越え入って行きます。
登山だったら 特に秋の低山は ハチとヘビに神経とがらしているはずなんですが。

投稿: ニコ | 2008年1月 9日 (水) 03:37

やっぱり猿の頃の記憶ですよ、それはぜったいに。
スズメバチを山に登っていた頃には知らなかった。高山ばかりだったからでしょうね。同じくクマもヘビもイノシシも、、、。今はみんな家の回りにいるものばかり。目の当たりにしさえしなければ親しみさえ感じますね。
スズメバチは怖いですね。向こうから飛んで来ますからね。わたしはどの被害にもあったことありませんが、Kyoちゃんはスズメバチ一家とのバトルで一度刺されたことがあるんですよ。

投稿: ガハク | 2008年1月 9日 (水) 10:19

スズメバチバトルとはなつかしい。
昔、アトリエの裏に巣を作られたことがあります。
気がついた時は巣がでっかくなっていて、
夜になってから、巣を襲撃!
怖かったです。今思い出してもブルブル、、、
これ記事にしようかな?

投稿: Kyoちゃん | 2008年1月 9日 (水) 10:41

おおっ Kyoちゃんスズメバチですか。
マムシやクマは差ほど怖くないですが
さすがにスズメバチだけは怖いです。
なにもしなくても襲って来るとき
ありますからね~


投稿: まっちゃん | 2008年1月 9日 (水) 13:40

そうなんですよぉ、まっちゃん。
巣の所在をじっくり確かめておこうと、遠くから眺めてただけなのに、ピューンと偵察隊が飛んできて、、、、
逃げても逃げても追っかけてきて、プスッ。
これ以上言うとネタが〜。

投稿: Kyoちゃん | 2008年1月 9日 (水) 13:50

スズメバチネタ聞きた~いです!

投稿: ニコ | 2008年1月 9日 (水) 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霜柱のトレール | トップページ | スズメバチにリベンジ »