« 心の余裕が体の余裕さ | トップページ | ウィリー村への道 »

2008年1月10日 (木)

スズメバチにリベンジ

Cimg2716写真はわたしのジテツールートにある立て札。

スズメバチと言えば、わたしは刺されたことがあるんです。10年ほど前の夏のこと。彫刻のアトリエのすぐ裏に知らないうちに巣が!しかもポリ製の立像の頭部にですよ。

夜、蛍光灯の灯りめがけて飛んで来る虫の中に大きなハチが混じっているのは見てましたが、まさかすぐ横に巣があるとはねえ。

巣を見つけたときは驚きました。10mも離れていたのにお尻に一撃。スズメバチに刺されたのは後にも先にもその時一度きりです。その衝撃は何と言ったら良いか、、、チクッというのではなくガツンという感じ。ちょうど打撲したような痛みでしたよ。

すごく口惜しくて(涙)、、、
うーん、リベンジじゃあ〜!!!
痛いお尻をさすりながらわたしは決心しました。
そうだ、夜になれば蜂も目が見えないはず。

まずアトリエの中に入って戦闘服に着替えました。
ボア入りのアノラック、麦わら帽子、首にはタオル、スキー用オーバーズボンに長靴という出で立ち(これ真夏にですよ)。ガードマンの犬は部屋の中で待機させておいて、蛍光灯も外灯も全部消して、ロープを結わえ付けた熊手を持っていざ出陣!

真っ暗な中をゆっくり巣に近づきます。スズメバチは就寝中のようで静かでしたが、わたしは足と膝が緊張でガクガク震えて心臓はドキドキうるさいほど。

熊手を立像に引っ掛けておいてロープを引っぱったんです。
何度か試みるうちにやっとガチャーンと倒れました。
しかしそれからが大変。
ブンブンブンブンと、暗闇をメチャクチャに飛び回るスズメバチの大群。
カチンカチンと、壁や木にぶつかる音もします。
こちらは後はひたすら逃げるだけです。
ずっと離れた場所に停めてある車まで走りました。でもそこにまでハチは飛んできました。

ちょうどその後夜中に激しい雷雨が来ました。
翌日現場に行ってみると、パカッと割れた立像の中の巣が入っていたところには、茶色っぽいおがくずのようなものが雨水といっしょに溜まっていました。

スズメバチ、やっぱ怖いですよねえ。寒くなると虫がいなくなるから山の中のどこへでも、たとえブッシュでも平気で探検できます。もうヘビもクマもスズメバチもずっと冬眠してなさーい!(K)

|

« 心の余裕が体の余裕さ | トップページ | ウィリー村への道 »

どうぶついるいる」カテゴリの記事

山で出会うもの」カテゴリの記事

コメント

スズメバチの恐怖体験談、怖かったです~
スズメバチは近くに巣があると必ず襲ってきて
頭や目などを狙ってくるし刺すだけではなく
蜂毒を飛ばしてきたりもするので、厄介で怖いですよね~
アシナガバチはよく駆除した事ありますが
スズメバチはビビリます。


投稿: まっちゃん | 2008年1月10日 (木) 14:14

マムシもMTBで縦に乗り越えちゃうあのまっちゃんも、やっぱりこわいですか。

おい、スズメバチども聞いたか〜!
まっちゃんが怖がってるぞー!
いい加減にしろー!
人間をなめんなよー!

単独行動しているスズメバチには、けっこうフマキラーが効きます。
すぐケチョンとなります。
地面に落ちたスズメバチの顔をしげしげ眺めると、ほんとに怖いですよ。ホラー映画見てるみたいに、、、、(>_<)

投稿: Kyoちゃん | 2008年1月10日 (木) 14:29

スズメバチに立ち向かうなんて 勇気を通り越して怖いもの知らずの領域ですね。
山で近くを飛ばれたら しゃがんで 飛んで行ってくれるのを待つだけです。

投稿: ニコ | 2008年1月11日 (金) 01:16

ニコさんの言いたいことは分かりますよ。
キケンだしキチガイですよね。
もうあんなバトルはやりません!もうやれないとは思いますが。

もしまたスズメバチに巣を作られたら、
こんどは市役所から専用のスーツとネット帽子を借りてきますよ。
以前は連絡すると市の職員が来て撤去してくれたのですが、
最近は服を貸してくれるだけで「自分でやりなさい」ということになっているようです。

どうぞみなさま、このスズメバチバトル実録を参考になさいませんように。
たいへん危険で無謀な行為です。

投稿: Kyoちゃん | 2008年1月11日 (金) 01:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心の余裕が体の余裕さ | トップページ | ウィリー村への道 »