« MTBが好きな犬 | トップページ | 深夜のR299道路保全見聞レポート »

2008年1月13日 (日)

雨上がりのウィリァー

Clmg2761夕方に雨は上がった。雨が上がれば練習だ。

でも、あたりは暗いし地面はビショビショ。そこで踏切のそばでやることにした。明かりもあるし地面も踏み固められている。ただ、あまり広くないスペースで、慣れないせいか最初全然Fが上がらない。

環境が変わるとこんなにも違うのか。時々いつもとは違う場所でもやった方が良い。うまくいかない理由は、緊張で体の動きが小さくなってしまうことにあるらしい。それでも何度かやっていたら、少しずつ感覚を思い出し、Fが上がるようになってきた。

まだブレーキを「薄くかける」ことができなくて、思い出したように左指が動くと、「ガツン」ブレーキになってしまい、ばったりとFが落ち、ジ・エンド。そこで、予備運動の前傾の時から予めリアブレーキを「チョー薄く」かけておき、その左人差し指の感覚を確かめながらFアップを試みる。この方法、今日のところは一度もうまくFが上がらなかったが、もう少し続けてみようと思う。

セルフ撮影したビデオで見ると、カッコはそれなりのようだが、腕の伸ばしが不十分に思える。自分では伸ばしているように思っていても、実際にはそれほどでもない。これも後ろに倒れる恐怖感から来るのだろうと思う。まくって後ろに立つ練習をもっとたくさんした方が良いな。

Kyoちゃん、雨の中をアトリエにジテツー。お疲れさま。(画)

|

« MTBが好きな犬 | トップページ | 深夜のR299道路保全見聞レポート »

ウィリー03」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MTBが好きな犬 | トップページ | 深夜のR299道路保全見聞レポート »