« 雪とV | トップページ | スノーライド後日談 »

2008年2月13日 (水)

平ペダ・リング

Cimg3606裏山ST。
強風と寒さでMTBの踏み跡が凍ってツルツル。
この上にはさすがにタイヤを乗せてはいけない、何のグリップもない。

平ペダルでのペダリング。
ヒルクライムで気がついたこと。
ここぞという踏み込み時に、ペダルから足が離れてしまう。

1:たいていの場合、足が前にはずれる。これはペダリングの回転運動中、時計の文字盤で言えば12時から1時方向に回そうとした時、ペダルを前に押し出すようにした瞬間に靴底とペダルがグリップを失って起こる。

これを防ぐには前に押し出す時の足は、少し踵を下げるようにすること。
(実際に下がっているかどうかは?)

2:もうひとつは、引き上げ足がペダルを掴み切れず上に跳ねてはずれる。
こうならないようにするには、
足の指先をペダルの角にひっかける、を意識して上に引き上げる。
(実際には強く押し付けてフリクションをとっているんだろう)

 これをまとめると***
 踏み込む時は踵を下げる
 引き上げる時は指をひっかける となる。

これ、SPDペダリングではどうなんだろう?
ペダリングの基礎は、足首(アンクリング?)は使わない、んじゃなかったっけ?

どっちにしろ、平ペダルできれいに回せて、おかげで滑り易い坂を登れた時は嬉しいもんだ、SPDより高度に思える。

ダウンヒルは、慎重にゆっくり降りた。雪の状態のせいだろう、いつもの滑り易い下りでブレーキがかっちり効き、しっかりバイクコントロールできた。また自信がもどって来た。オカエリナサイ
Weようやく家の近くの道路に雪が無くなり、凍ってもいないのでそこで少しウィリーをやれた。久しぶりだったが、それほど腕が落ちてはいなかった。オチヨウモナイカ

サドルプッシュ、というか、腰で押し出す、ような感じを思い出してやってみた。腕を伸ばそうとしてもなかなかうまく行かないので、下の方の動きを注意してみることにしたら、少しいい感じ。サッカクカモネ

まだ練習場はグニャグニャ。早く乾かないかな〜(′:`)早くウィリー練習やりたいな〜本格的に。
メンタルトレーニングG
『ウィリーなんて簡単な技、おれはもちろんできる
 その瞬間がすぐそこに待っている、ほらそこに』(画)

|

« 雪とV | トップページ | スノーライド後日談 »

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

そちらも強風凄いですか?
こちらはは富士山をさえぎる雲や排気ガスやスモッグを全部吹き飛ばしてくれて、凛とした富士が拝めました。
やっぱり春が待ち遠しいですね。

投稿: ちちまる | 2008年2月14日 (木) 20:51

ちちまるさん、早朝サイクリング走ってますねえ〜!
こちらは一昨日と昨日がすごい風でしたが、
今日はそれほどでもありませんでしたよ。
富士山と言えば、ガハクの実家は浜松なので
毎日近くで大きくそびえておったそうですが、
ここからは裏山のてっぺんに登っても見えません。

投稿: Kyoちゃん | 2008年2月14日 (木) 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪とV | トップページ | スノーライド後日談 »