« まだ風が冷たい | トップページ | ウィリーのメンタリティー »

2008年2月26日 (火)

再生する森

Cimg3842木からブラリと垂れ下がっている
ロープのようなのが「葛(クズ)」です!
「ヘビが首を締めているように見えるよね」
「これじゃ木が枯れてしまう」と言って、
ガハクが森の再生計画を
ひとりやっていたのが去年の秋。

いつもMTBを立てかける木、
この木だってほんとに元気になりました。
ここに来る度に
絡んでいたツタを取り除いてやったのです。
ターザンのようにツタにぶらさがって引っぱると、
ずるずると木の枝に絡んでいたツルが落ちてきます。
梢の上にかぶさっていたのです。
頭のモジャモジャを払ってもらって、
ずいぶんサッパリした枝ぶりになりました。

この春、どんなにここの緑が美しくなるだろうかと、
今からワクワクしています。
なんでもない山ですが毎年違います。(K)

「葛」(クズ)の名誉のために:繁茂する力の強い「葛」なら
中国の揚子江周辺の砂漠化を防ぐことが出来るんじゃないかと考えて、
日本から葛の種をいっぱい持って行って蒔いた人たちがいたそうですよ。

|

« まだ風が冷たい | トップページ | ウィリーのメンタリティー »

山で出会うもの」カテゴリの記事

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

おやっ、山の雪がなくなりましたね。そこまで春が着てますね~。

投稿: ちちまる | 2008年2月26日 (火) 15:53

よくお気づきになりましたね、ちちまるさん。
いつの間にやら、このピークの雪はすっかり消えちゃいました。
今夜は雨だそうですから、途中の日陰のシングルトラックのアブラ氷も融けるでしょうか。
いよいよ春が来たかな?cherryblossom

投稿: Kyoちゃん | 2008年2月26日 (火) 16:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだ風が冷たい | トップページ | ウィリーのメンタリティー »