« 10年ぶりの風邪 | トップページ | ヘイズの日本語マニュアル »

2008年3月23日 (日)

ヘイズのディスクは効きが悪い?

Cimg4385どうも私のヘイズのディスクブレーキはやっぱり効きが悪いらしい。でもオイル交換する前にディスクブレーキのパッドを換えてみました。ヘイズのパッドは、ラジオペンチでつまみ出して、新しいのをまたパチンと嵌める。簡単なんですが、それだけではダメなのね。

ガハクが今何をしているかというと、、、
パッドをはめ込む面に付いてる油圧のピストンをメガネレンチでぐーっと押し込んでいるのです。
「あ、Kyoちゃん、そこそのレンチで回るかなあ?」と垂直に向きを変えてあるレバーの根元のビスを指し示され、やってみました。何かちょっと頼りないけど携帯工具のレンチで回してみたら少し回った。するとオイルが滲み出して来ました。ティッシュペーパーで拭き取ります。
「はい、もう締めていいよ。う〜んもうちょっとだな、、、また押すからゆるめて」何度も繰り返して、やっとピストンを押し込み、新品のパッドを入れることができました。後はディスクとパッドの隙間の微調整をして終了。

さて早速乗ってみたら、前より少し効きが良くはなりましたが、まだビシッと決まりません。
「まだ“あたり”が出るまで少しかかるよ」と言われましたが、
ガハク号でシーソースタンディングをやってみたら、人差し指1本でもタイヤはズレなかったんです。
「あ〜ぜんぜん違う!これじゃダメだよ。やっぱりエアー抜きして!」

Cimg4391しかし問題は、レバーのリザーバーキャップのボルトにピッタリ合う六角レンチがなかったのです。
この写真で使っている万能グッズに付いてた2ミリの六角レンチは小さくて、そっと回して使っていました。2.5ミリでは太すぎ。
ボルトがバカになったらどうしようもない、と言うので、急きょ、街のホームセンターまで行って買って来たのがこれ。280円。

ガハクが言うには、六角レンチって、インチサイズとミリサイズの2種類があるんですね。

家に帰って当ててみたら、大きい方から3番目がピッタリ。
明日エアー抜きとオイル交換をしてくれるそうです。
ガハクは今度は声が変。(K)

|

« 10年ぶりの風邪 | トップページ | ヘイズの日本語マニュアル »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10年ぶりの風邪 | トップページ | ヘイズの日本語マニュアル »