« 冷たい風が歯にしみた! | トップページ | 水仙に見とれて(動画) »

2008年3月29日 (土)

ポジションの変化

C45101MTBという自転車を初めて購入して、どこか登れないかと最初に出かけた裏山。ここはよく散歩していたので様子は良く知っていたが、結果はほとんど押しに終始。乗車率数%という苦い経験をしたルートだ。

その後腕もそれなりに上がって乗れる距離も伸びて来た。今でも相変わらず克服できない難所は数多い。狭くて急で曲率のきついカーブ。滑り易い落ち葉の斜面。そうとうテクニックが上がらない限りオールクリーンとはいかないだろう。

ショートステムと鬼ハンのポジションは、急坂登りには不利なことがよく分かった。前の押さえを効かせ難い。押さえつけようとすると、リアのトラクションが抜けてジエンド。それでも同じ箇所を何度かトライしてクリーンできた場所もあった。

反対に、下りはこのポジションに加えてディスクブレーキ。枯葉の堆積の中も余裕を持って降りて来られた。(画)

|

« 冷たい風が歯にしみた! | トップページ | 水仙に見とれて(動画) »

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冷たい風が歯にしみた! | トップページ | 水仙に見とれて(動画) »