« ケガと自転車 | トップページ | ゲキ坂下り »

2008年4月17日 (木)

森の中で四国犬

Cimg4884カタクリ山林道に向かう。

ビンディングペダルは久しぶり。でもまったく違和感なし。むしろ足をいい加減に置けて後はただ回すだけ、って感じで極めて楽ちん。足元を気にせずとにかく走る、というアイテムなのだと妙に納得する。

よく走ったルートなので、最近導入したライザーバーとショートステムが走りにどう影響するか興味があった。

登りでは頻繁にダンシング。その場合は手元に近いハンドル位置が楽に思えた。STの登りではFの押さえが微妙になる。ポジションだけでなくクランクを一定速度で回せられるかどうかもポイント。道具の差よりも技術の差の方が大きい。

前が高いライザーは下りで安心感がある。
ディスクブレーキもコントロールし易いが、まだ舗装路では安心できない。効き過ぎるような感じがして緊張してしまう。

走り終えてみたら、ポジションに拘らず所要時間も疲れも少なかった。たぶん体力アップのせいだろう。

Cimg4885<四国犬に出会う>

カタクリ山近くの森の道。ルート上に横たわっていた細い倒木で遊んでいたら、突然目の前に一匹のむっくりした犬が。
続いてもう一匹を連れたオジさん登場。オジさんスパッツ付きの長靴を履いている。

「自転車かい。大変だなあ。○○道を行くの?」日に焼けたいかにも山慣れした人だ。
「この犬親子ですか?」2匹が似ていたのでそう聞いたのだが、そうではなくて、四国犬という血統種なのだそうだ。聞くのも見るのも初めてだった。

犬談義で盛り上がったが、それとは別に気になるMTBの話。
「自転車で走るのは良いけど、迷惑なのがいるよな。大勢で来てさ、同んなじ場所でタイヤをズッて走るんだ。だからすぐに道が壊れちゃう。なんだありゃあ?迷惑な連中だよなあ」

こういうことを実際に人の口から聞いたのは実は初めて。
「気を付けます。すんません」と謝っておきましたよ。みなさん、迷惑な走り方はやめましょうね。(画)

|

« ケガと自転車 | トップページ | ゲキ坂下り »

カタクリ山林道」カテゴリの記事

山で出会うもの」カテゴリの記事

コメント

ガハクさんの写真の風景も 緑がきれいな季節になりましたね。

さて「タイヤずるっ」の話です。
確かに褒められた話ではありません。

長靴おじさんのお話の意図は判りませんので 一般論としてのお話。
 
MTBバッシングの話を聞くたび そこに偏見を感じています。
登山者が登山道整備のため 道を掘ったり削ったりするのは批判されない。
大挙して山に押し寄せ 道が深く掘れることは 登山者自身では批判しない。

極めて少数派のMTBが 一瞬タイヤを滑らす または山道に入るだけで
登山道を削る罪人にされてしまうことがあります。

自然に与えるインパクトという視点で検証すれば
その影響の大きさの差は歴然としています。
ところが 多数派の都合は黒も白と言い切り 
相手が少数派であれば 自分たちの事は棚に上げて 平然と批判する。
そんな風に見えて仕方がないのですが。

MTBに理解を示してもらえない登山者や
自称自然愛護者は ごく一部の人々だと信じています。

僕の視点も かなりMTBに片寄った偏見かもしれませんね?
両者が歩み寄って 同じフィールドで仲良く共存することを願っています。


ところで トラ良いですね!
今年も先発で苦労すると思っていたので うれしい誤算です。


 

投稿: ニコ | 2008年4月17日 (木) 02:33

トラのロケットスタート、久しぶりにと言うか今まで見たことなしの最高ですね!勝ち慣れるとゆれ戻しが怖い、って感じ。

タイヤ痕が環境破壊という話。
大勢の登山者をご覧になっているMTBerニコさんには我慢できないことがたくさんおありなんでしょうね。
登山者が自分たちを環境擁護者だと無意識に思っているならそれは大変な間違いだとわたしも思います。
熊避けと称して大きな音でラジオをかけていたりする。それからわたしがよく出会うのは、花盗み、山菜採りが根こぎにしたりする。これもひどい自然破壊だし、盗難、犯罪です。
山の中でMTBは動きが派手だから目立つということもあるでしょう。ただわたしはMTBに乗っていて今まで好意的な人たちにしか出会ったことがありません。まだこの地方では山で自転車が珍しいということでしょうか?

わたしには好意的だった長靴おじさんは、少し自分に知識があるのを示したかっただけかも知れませんね。

投稿: ガハク | 2008年4月17日 (木) 03:10

やらかしてしまいました。
昨夜は虫の居所が悪かったのか 
ガハクさんのブログに 八つ当たり的コメントをしてしまいました。

他のブログで 中国政府のネコ虐待に抗議しようという運動をやってまして
一方的なバッシングや中国嫌いのコメントが集まっていました。
勿論 僕も虐待には抗議したいと思います。

ただ こんな機会だからこそ 一方的な批判をする前に 少し視野を広げて考えて欲しくて
相手の立場や状況 文化の違いも理解せず
自分たちの価値観だけを押し付けるのはどうなのか?
といった意味のコメントしました。

ネコの為に立ち上がった勇気ある優しいブロガーさんだからこそ 分かって欲しかったのですが
中国びいきと 返り討ちにあってしまいました。

批判というのは 武器を押し付けて 相手を黙らせる方法と同じです。
しかし 対話や相互理解で問題を解決するなんて理想は 現実には難しい事が多いですね。

投稿: ニコ | 2008年4月17日 (木) 12:52

いや何とも思ってないですよ。と言うか
熱血漢ニコさんらしくてぼくは好きです。(すぐカッとなるんだこの人は。(^^sorry

真理に向かって意見の違う相方で努力しようとする姿勢はなかなか見つけられません。
議論も相手を負かす為にやってるような。大勢で少数を脅かしたり、それを回りで見てストレス発散したり。
時流に乗っかった受けの良い意見を展開したりするコメンテーターやマスコミがそういうのを助長してるのかもしれません。
みんなが自分は安全な所に居て一方的に攻撃するのを楽しむ、まるで戦争ゲームじゃないですか。
>中国びいき
とは、またステロタイプな反応をされてしまいましたね。
「そうだよ、おれは悠久の大陸文明発祥の地偉大な国中国びいきだよ。島国根性群れたがりの弱小日本人は大嫌いさ」と言ってやれば良かったかも。(笑
今回の一連の騒動で、中国(政府)の価値観はわれわれとは少しずれた違う所にあるんだな、とよく分かった気がしました。

ところで今日は雨で試合中止。残念です。勝てる時にはどんどん勝っておかないと。

投稿: ガハク | 2008年4月17日 (木) 16:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケガと自転車 | トップページ | ゲキ坂下り »