« R299小猿の交通事故死の原因 | トップページ | 犬が見ていたホッピング(動画) »

2008年4月20日 (日)

アナグマが道路清掃

Cimg4911見たくはなかったのですがまたしっかり見てしまいました。

行きは反対側の歩道を走るので、そっちを見ないようにすれば大丈夫だと思っていました。でもこちらの歩道前方に赤いものが転がっているのに気づき、すぐに足か何かの肉片だと分かりました。こっちにまで運んだのはきっとカラスに違いない。昨日も死体に取り付いていましたから。

で、けっきょくしっかりまた見てしまったわけです。小猿の死体は事故現場のカーブに放っておかれたままでした。

ここまでは昼間のこと。
まあ夜になれば暗くて気にならないだろうと考えてました。

帰りのジテツーはとっぷりと日の暮れた時刻。でも暗くても意識しているものは見えてしまうんですねえ。現場のカーブにさしかかった時、死体のそばで何やらゴソゴソ動くものが。
てっきり死んだ小猿の親か仲間が、離れがたくてまたやって来たのかな?と思ったのですが、

アナグマでした。
口でくわえて何とか歩道の方に引きずり込みたいらしい。
クルマが通過する合間を狙って何度も試みているようです。
わたしのMTBなんかぜんぜん気にしてませんでした。

道路清掃係(死体処理班?)は、昼間はカラス、夜はアナグマみたい。
明日にはもうすっかり片付いていることでしょう。
野生の掟とメカニズムはここR299ではまだ機能しているようです。(K)

|

« R299小猿の交通事故死の原因 | トップページ | 犬が見ていたホッピング(動画) »

Kyoちゃん絵日記1」カテゴリの記事

どうぶついるいる」カテゴリの記事

ジテツー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R299小猿の交通事故死の原因 | トップページ | 犬が見ていたホッピング(動画) »