« バニージャンプへの道再び | トップページ | トラ技は山サイに効果大! »

2008年4月30日 (水)

バニホ練習

Cimg5105フロントアップというのは、アップと言うから持ち上げるのかと思いきやそうではない。

ライダーが後ろに身体を引き、自転車を前に送り出す。その時ハンドルでライダーと繋がっているバイクは、後輪の接地点を支点にして前が上がる。テコの原理だ。結果的にそうなるんで、持ち上げているわけじゃない。

このこと、よーく分かりました。ウィリーでもマニュアルでも同じことだった。

ところで、バニホ練習。ジャンプした後必ず前から落ちてしまう。何度やってもそうなる。動画で撮ってみたら、頭がペダルより後ろに行ってないと、フロントはまくれるほどには上がらないのに気づいた。前に行く(ジャックナイフ)という次の動作を意識し過ぎて頭が残ったままなので、充分に上がらないままのフロントは先に落ちてしまっていた。

前をしっかり上げてから、と思うと、今度は後ろに残ったままになってしまい、前に行けないのでリアが上がらないか、上がってもほんのちょっと。ジャンプにはとうてい結びつきそうもない。

たぶんリアアップというのも同じだ。ハンドルから前に体を乗り出すことで今度は前タイヤを支点に後輪が浮く。これも決してペダルにかけた足で上に持ち上げているわけじゃない。

ただしこっちの方はニガテな為にちゃんとした体感なしに理屈と想像で言っている。
前後ブレーキをロックして静止状態からのフロントアップはできるが、ジャックナイフとなるとまだできないから。(画)

|

« バニージャンプへの道再び | トップページ | トラ技は山サイに効果大! »

バニホ2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バニージャンプへの道再び | トップページ | トラ技は山サイに効果大! »