« 登るより下りが大事 | トップページ | トレール整備は水を読む »

2008年4月 7日 (月)

トレール道に湧き出る水

Cimg4665裏山トレールの頂上直下の尾根から、いつも水がジワジワと滲み出しています。それが山道に流れ出して、いつもここだけ泥道になってしまうのです。

それでまたもや閑人ガハクは、道のすぐ横に溝を掘り出しました。距離にして5mくらいです。
こんなもので流れが変わるかしら?と思って見物してたのですが、すぐに水が集まってチョロチョロと音を立てて流れて行きます。面白いものですね、こういう自然の中の遊びって!

「こうやっておくとだんだん道が乾いて来てうんと走りやすくなるんだよ」とか言ってたけども、今夜は外はどしゃ降り。今頃あの小さな水路を乗り越えた雨水は、道も溝もみんな平にしてしまっただろうねえ。
「いや、溝を掘ってあるとやっぱり違うんだよ、すぐに水が引くんだよ」と、ガハクはぜんぜん負けちゃいません。(K)

|

« 登るより下りが大事 | トップページ | トレール整備は水を読む »

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 登るより下りが大事 | トップページ | トレール整備は水を読む »