« ライダーがしていること | トップページ | 利き足前問題解消! »

2008年4月23日 (水)

利き足前でフロントアップ

Cimg50001ようやく体重移動でのフロントアップができるようになってきた。

マニュアルへの門をくぐったみたいで嬉しい。

ただこの位置キープがうまくできない。
まくれそうになると(ウィリーのときと同様)、レフトフィンガーオートマチックオン、ブレーキリアホイール&ドスンバイク(←オールイングリッス!)。
あっ、と膝を曲げたらまくれずに下がった瞬間も。これで良いのか?

もひとつ。ここからバニージャンプに行くにはどうすれば良いのか?もワカラン。
思い切りハンドルを引きつけようとしてもタイミングがさっぱり?。うーん、マニュアル状態をある程度維持できないと、そこからペダルに立ち上がってホップすることはできません、ということかな?

さらに、利き足前(左の画像)ではまだフロントアップができない。
できてる右の画像(逆足前)を見ると、どうやら後ろペダルで押し出しているらしい。利き足(右足)の方がそういうことをうまくやれるみたいだ。

できる方でやれば良いじゃん、とも思うが、、、悩むなあ(画)

|

« ライダーがしていること | トップページ | 利き足前問題解消! »

バニホ2」カテゴリの記事

コメント

利き足ですが、何をするにも やりやすい方の足で良いのではないでしょうか?

私もボールを蹴るのは右足ですが、自転車では 何をするにも 左足前になっています。

利き足を考えるうえで よろしくないのが、やることによって、ある時は左足前、またある時は右足前、と言うように、前にくる足が決まっていない、という状態だと思うのです。
ですから、前にくる足が常に どちらかに決まっているのなら、それが左足でも右足でも、かまわないと思います。

全くの初心者さんに「利き足とは・・・?」と尋ねられたら、それは簡便に「ボールを蹴る方の足」と答えるでしょうが、ガハクのように、すでに そうとう乗り込んでおられる方が、常に そして自然に左足が前に来るなら、むりやり右足前に直す必要も無いように思います。

投稿: Danhan | 2008年4月23日 (水) 09:22

おはようございます。
そうですよねえ、
急な土手にわざわざ無理な体勢で突っ込んで練習してるのを見ると
どうかな〜って、わたしも心配だったのでございますよ。
だからDanhanさんにわたしも同感でーす!

投稿: Kyoちゃん | 2008年4月23日 (水) 09:43

Danhanさんも左足前ですか。
でもそれだと、コギ上げのような場合左で漕いでいるわけですか?
ぼくはそれができなくて、右足前に矯正しようとしているわけです。(ちなみにウィリーでは前傾に左足、後傾する瞬間右足コギでフロントアップ)
このままやり易い方でやっていると、
>よろしくないのが、やることによって、、、、前にくる足が決まっていない、という状態、、、
になってしまいそうなので悩んでるってわけで。そんなに乗り込んでませんから今のうちなら大丈夫かと。

そうか、もしかしたらそっち(コギ上げ足)の方を練習すべきなんでしょうかね?悩むなあ、やっぱり。

投稿: ガハク | 2008年4月23日 (水) 10:32

> コギ上げのような場合左で漕いでいるわけですか?

1/4周とか1/8周のペダリングで前輪を段差の上に乗せる、なんていうコギ上げの時は、左足前ですね。

> ちなみにウィリーでは前傾に左足、後傾する瞬間右足コギでフロントアップ

えへへ。実は私もウィリーの時だけは そうなんです(^_^;)。
これは、利き足のことを気にする はるか以前に、岡村周治さんのハウツー本やDVDを見て、ウィリーの練習を始めたからなんです(つまり岡村周治さんと同じ)。 ただ、最近やっていませんが、フロントアップ時に、どうしてもハンドルが右に傾いて(きれて)しまうので、苦肉の策として、左足コギ上げも練習していたことがあるので、どちらでも大丈夫だと思います。

スタンディングも左足前で覚えましたが、今では どちらが前でも大丈夫。 左足前で覚えてしまったら、右足前でのスタンディングは、さほど労せず 出来るようになりました。

先に申し上げたことと矛盾してしまうのですが、我々にとって最も大切なことは、利き足を気にするよりも、安心して激坂を下れたり 気持ちよく練習できたり などなど、楽しむことなのだと思います。 利き足ばかりを気にして、窮屈な思いをする必要はないと思います。

ガハクも私も、大方の場合 自然に気持ちよくできるのが左足前・・・。これくらいの気持ちでも良いと思います。さらに私の つたない 経験からなので、スタンディングとウィリーに限ったことなのですが、どちらの足が前でも、どちらの足からコギ始めても、ちゃんと出来るようになれば、逆の足からでも、さほど苦労せずに出来るようになるようです。

人間の、しかも我々アマチュアのやることですから、あまり厳密に考えすぎて、それに縛られてしまうのも どうかと思います。


投稿: Danhan | 2008年4月23日 (水) 21:07

こんばんは。
利き足の件、あまり気にしたこと無いです、ちなみに私も左前で。
マニュアルの件、ブレーキかけすぎても漕ぎでリカバーできるウイリーよりも繊細なタッチが求められます。
ちなみに私もXTのディスクです(一つ前の型ですが)、メタルパッドでローラーはシマノの6穴タイプのですがコントロール性は高いと思います。あんまり効くやつだとマニュアルとか難しいです。
膝を曲げたら前が落ちるのはマニュアルの動きですね。
マニュアルアップのときは脚は伸びていますが、そのままだとマクレてしまうのでバランスポイントで上昇が止まるようにタイミングよく膝を曲げます。マニュアルの維持は前が落ちそうなら膝を伸ばし、まくれそうなら膝を曲げてバランスを取ります。

言葉にすると単純な話なんですが、これがなかなか難しく・・・

投稿: manuocki | 2008年4月23日 (水) 21:29

Danhanさん。
そーでしたかあ!!!!
これで疑問も一気に解消です。ほんとにここまで懇切丁寧なアドバイス、感謝感激です。
以前のコメントを頂いてから、今日左コギでフロントアップの練習をしてみましたところ、以前まったくできなかったはずなのに問題なくできました。
ウィリーも最初はとまどいましたが、慣れてみると反対の足からのコギで支障なくでき、むしろ右足からのコギ始めよりも傾かないような気さえしました。この辺はDanhanさんのおっしゃっている通りですね。
>我々にとって最も大切なことは、利き足を気にするよりも、安心して激坂を下れたり 気持ちよく練習できたり などなど、楽しむことなのだと思います。
いやあああ、すべておっしゃるとおりですねえ(感涙)。
今日は利き足が前でなくてもコギ上げができることが分かり、楽しくてフロントアップばっかりやって1時間過ごしました。幸せ者ガハク。

投稿: ガハク | 2008年4月23日 (水) 21:38

manuockiさんも。。左前か。。XTか。。
利き足の件はもうすっかり解決しました。ご安心ください。
マニュアルはやっぱり「膝」でしたか。
何もしないでフワーッと前が浮くと、これまたウィリーとは違う浮遊感がたまらないです。しかしあんまり調子に乗ると怖いので適当にやってます。
これやると「自転車に入力する」というポイントが分かるような気がして、何か会得したような、得した気分になれるから楽しいです。ウィリーにもモチ良い影響があるはずです。
まだそんな程度です。本格的にやり出せばこれまた大きな壁にぶつかることでしょう。
その時は、またよろしくお願いしまー〜す。(^^)v

投稿: ガハク | 2008年4月23日 (水) 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライダーがしていること | トップページ | 利き足前問題解消! »