« トレール整備 | トップページ | ディスクブレーキレバーの穴 »

2008年5月10日 (土)

臆病者の練習法

Cimg5242ジャックナイフ。今はやっとここまで。もう少し上げてバランス点近くを見つけたい。

フロントアップの方は「チンコにステム」という高さまでなかなか行かない。
コギ上げでのフロントアップでもダメだから、コギなしとなるとできるわけない。だからバニーホップも??で、ちっとも高く跳べないでいる。

コワさがまだあるんだと思う。リアアップは前に転がるコワさ、フロントアップは後ろにひっくり返るコワさ。恐怖が技の進歩を遅らせているんだと思う。実際、ウィリー中にまくれた直後は(例え自転車の後ろに立つだけでひっくり返らずに済んだとしても)うまくフロントアップができないから。

 頭に死球を受けた後の打席でホームランを打つあの金本とは!?(時事ネタ)

恐怖を克服するのにリカバリーの練習を先にやるという方法もあるが、敢えてその限界点まで手前の方からジワジワ近づく、というやり方もありじゃないか。。。

 ウィリー。
ブレーキング問題ですっかり暗礁に乗り上げてしまう前に、ノーブレーキでやれるところまでやる、というのじゃダメかな?
 体重移動でのフロントアップ(マニュアル?)。
まくれそうになったらブレーキ!ではなく、まくれない限界点までじりじり近づいて行って最終的にバランスポイントに達する。

という訳に行かないか、、、。G
山の中で何度か頭から転がり落ちたこともある臆病なわたしは、そんなことを考えて今は練習している。(画)

|

« トレール整備 | トップページ | ディスクブレーキレバーの穴 »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トレール整備 | トップページ | ディスクブレーキレバーの穴 »