« 上がったものを上げろ | トップページ | 筋肉痛 »

2008年6月13日 (金)

タイトターン

Cimg5975おっかながりなので、なかなかバイクを倒し込めない。右ターンより左ターンの方が不得手だ。滑った時のリカバリーに出すのが利き足だと余裕を感じるからじゃないだろうか。

多少スキーをやっていた経験から、カーブでのリーンアウトの姿勢がスキーの外足ターンに良く似ていると思った。パラレルターンで、カーブの外側になる方のストックを持った手を前に出す、というテクニックに感心したことを思い出す。手が先行して腰でスキーを前に滑らせる、、、。分かる人には分かる話。分からない人には分からない。

MTBのターンにも応用できるはず。ハンドルにかけた手を前に出すとなれば、多分外側の腰を前に出す、外膝を絞る、体を内側に開くということになるだろう。この辺はMTB先輩諸氏の意見を聞きたいものだ。

Cimg5997****リアスライドを試したくて少しぬかるんだ部分に目印を置いてターン練習。

スピードを段々上げて行き、バイクの倒し込みもきつくしていく。でもなかなかスライドしない。さすがリッチーZ-NAX、マッドにも強い!てか(笑)。

どうしたらリアスライドできるのかな?
試しにちょっとリアブレーキをかけてみたら見事に何の抵抗もなく180度クルン。まるでスケートだ。これにはちょっと驚き。

ブレーキなしのリアスライドテクニック、分かりませんでした。(画)

|

« 上がったものを上げろ | トップページ | 筋肉痛 »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上がったものを上げろ | トップページ | 筋肉痛 »