« バニホにアドバイス | トップページ | R299電線を歩く猿の群れ »

2008年6月 8日 (日)

スカンポ軍団

Cimg5869「蜂が恐いよ、白っぽい服装が良いんじゃない?」というKyoちゃんの言葉に従い、長袖で白いTシャツを着た。蜂は黒い物を天敵の熊だと思って襲うとか。そんなレポートをTVで見たことがある。

他にヘビ、特にマムシなんかに遭ったら相当気が滅入ると思うが、Gパンにゴム長なら下はまあ大丈夫でしょ。ただ何故だか分からないが一度もヘビに遭遇したことはない。

刺されるとひどく腫れる小さな虫(家ではワルムシと呼んでいる)がイヤなので虫除けスプレー。鎌とノコギリをザックに、水ボトルをウェストバックに入れてMTBに股がった。

道の状態はしっとりして走りやすく、写真のゲキ坂も難なく突破。でもこの上からがスカンポ軍団との遭遇地点になる。敵は大勢なのでなかなか進まない。ただトゲのある雑草は相当減った。

道が流水で掘れてしまうのを防ぐのが第一だ。切った草を敷き詰めて土が流れるのを留められないか、と考えた。さらに鬱蒼と茂る草を刈ることで道全体が明るくなれば植生も変わるだろう。

途中までで終了。まだ最高地点まで行けず。

Cimg5873******この手袋、鎌を振るような作業にフリクション最高。滑らないので力要らず。手が疲れない。

これならMTBにも良いんじゃないか?実際乗車時にはほとんどグリップを握らずに軽く添えているだけで大丈夫。安いし。蒸れるかな、手の平全体にゴム引きだもんな。

でも、そうか、転倒した時なんかに手を着いて全く滑らないのはかえって危険だよね。適当に滑ってもくれないと。以前アスファルトでひどく転倒した割には軽い打撲で済んだ時、着ていたのは専用のビブショーツだった(それもアソス)。

今履いてるジーンズじゃなくて、MTBの服装にも滑り易い素材が良い。(画)

|

« バニホにアドバイス | トップページ | R299電線を歩く猿の群れ »

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バニホにアドバイス | トップページ | R299電線を歩く猿の群れ »