« 森のポタリング(続き) | トップページ | グラジオラスを背中に帰宅 »

2008年7月14日 (月)

深夜のパンク修理

Cimg6620仕事場のKyoちゃんからいつもの電話。
「これからbicycle帰ります」とのこと。

しかしほどなくまた電話が鳴った。
「前のタイヤがパンクしてる〜、、sweat02
この言葉の裏には『今からパンク修理じゃ遅くなっちゃうからクルマで迎えに来てよ』という心理が見え隠れ。
そこで冷たく言い放つガハク、
「チューブ替えなさいよimpact」(修理キットだって日頃から持ってるんだから)

**********
やがて元気に愛車で帰宅した彼女。
「20分だったわ、取り替えるのに」

パンクの原因はバルブ付け根の穴(ヒビ)だった。バルブの棒が傾くと付け根から空気が漏れる。劣化か?勤続疲労か?取扱い不良か?チューブ自体は2年以上使っている。パンク修理跡のパッチの数すでに3個。

ゴムシートのまん中に穴を開けてボンドG17で接着してみた。
これでまた使えるでしょうか?(画)

|

« 森のポタリング(続き) | トップページ | グラジオラスを背中に帰宅 »

ジテツー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森のポタリング(続き) | トップページ | グラジオラスを背中に帰宅 »